ベジタリアンとどこが違う?最近よく聞く「ヴィーガン」とは。

ヴィーガン(菜食主義)

Vegan(ヴィーガン)とはイギリスから発祥した言葉で”完全ベジタリアン”や”絶対菜食主義者”などの思想を持つ人々の事を指します。

「野菜を食べないのならベジタリアンと同じ?」と混同されがちです。ところが、ヴィーガンとベジタリアンは似て非なるもの。

ここでベジタリアンの語源を見てみましょう。

実は、ベジタリアンは野菜を意味するベジタブルが語源ではなかったのです。
ベジタリアン(Vegetarian)という言葉の語源は「活気のある、健全な」などを意味するラテン語 vegetusに由来します。

そして、ベジタリアンは”野菜だけを食べる人”と誤解を受けがちですが、実際には野菜だけではなく穀物、果物、豆、海藻、種子、きのこなど様々な作物を食べています。

中には、卵や乳製品は食べるという”ラクト・ベジタリアン”や”オボ・ベジタリアン”と称される人もいますし、卵・乳製品は一切取らないという人もいます。

実は一言でベジタリアンといっても約10種類以上のタイプがあり思想や食べられる物の範囲が違うわけです。

では、ベジタリアンの中でも最も戒律の厳しい”ヴィーガン”とはどんな物を食べ、どんな思想を持つ人々のことを呼ぶのでしょうか。

ヴィーガンは卵、牛乳、ゼリーももちろん食べません。

完全菜食主義者を意味するVegan(ヴィーガン)という言葉が生まれたのは1944年のイギリス。もともとは卵・牛乳・チーズなどの乳製品も食べないベジタリアンを指す言葉として”一般的なベジタリアン”と区別するために使われるようになったのが始まりです。

徹底した菜食主義を貫くヴィーガンの思想は”人間は動物を搾取することなく生きる”という考え方です。そのため、肉や魚はもちろん、卵、チーズ、バター類、はちみつ、ゼラチンなども一切口にしません。なぜなら卵や乳製品は、それを生み出す鶏や牛を苦しめたり、早すぎる死をもたらしたりするものだから。

ヴィーガンという生き方の根底にあるのは”動物愛護の精神”であり、ここが健康志向から生まれたベジタリアンとの大きな違です。

ヴィーガンはウールや毛皮も着ない

ヴィーガンの思想は食生活だけに限らず、着るものや住まい、衣食住すべてのライフスタイルにおいても、動物性の素材を使用しないのが彼らのポリシーです。

革製品の靴やバッグ、ウールの服などは決して身につけません。シルクの下着やファーのコートなども当然NG。また、洗顔料やボディーソープ、コスメ用品も動物性油、ハチミツ、牛乳、卵の成分が抽出されていないものを使うなど、全ての生活において”動物性の素材を使わない”のがヴィーガンの生き方と言う事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA