七つの大罪28巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法

七つの大罪28巻

七つの大罪28巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法です。メリオダスの旅の本当の目的とは?とエリザベスの運命が語られます!七つの大罪28巻のあらすじについて書きましたがネタバレ注意です!本編全て無料ダウンロードで読める方法もご紹介いたします!

気になったらクリック↓↓
⇒七つの大罪28巻を無料で読む

七つの大罪28巻を漫画村やzipで見ると危険なの?

電子書籍が見られると書いてあるサイトは多いのですが危険なことが多いので違法ダウンロードはやめておきましよう。

・違法ダウンロードは犯罪×
・zip形式だダウンロードするとウィルス感染の危険性がある×
・クリックすると海外サイトにとんでしまうこともある×
・高額料金が発生する×

7つの大罪28巻を無料で見られるのはU-NEXT!!

 

U-NEXT

 

【U-NEXT】は大手U-SENがが経営する大手サイトです。動画配信サイトとして有名ですが
電子書籍もたくさん見ることができます。

ウィルスの心配がないところも安心ですね。

無料登録は簡単1分で完了です。
もちろん解約も簡単にできてしまいます。

無料登録すると31日間は完全無料でサイトが使えますし、600ポイントがもらえます!
七つの大罪28巻がポイントで実質無料で見れちゃいます!

 

ここをクリック↓↓↓
⇒七つの大罪28巻を無料で見る

 

七つの大罪28巻の他にも人気作品が見られます!

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキが七つの大罪28巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!苦しそうにしているエリザベス、中々回復の様子はみられません。それもそのはず、今まで黙っていたメリオダスとエリザベスの大変な秘密が明かされる時がきました!!

七つの大罪28巻のネタバレとあらすじ①

とまどう恋人たち

七つの大罪28巻のネタバレとあらすじを紹介します。

ホークママは荒野をどんどこ進んでいきます。

エイレンとバンの部屋では、苦しそうにしているエイレンをエリザベスが治療しています。

エイレン
「ハァ ハァ」

エリザベスはエイレンに手をかざしました。
そしてエイレンは少し落ち着いたようです。

エリザベス
「エイレン、具合はどう…?」
エイレン
「ありがとうエリザベス、楽になったわ」
エリザベス
「良かった…」

バンは複雑な表情で二人を見ています。

その後、エリザベス・ディアンヌ・エイレンの3人でお茶をしています。

エリザベスはゼルドリスに言われた事を二人にはなします。

エイレン
「『死しては前世の記憶を失い、幾度も転生を繰り返す』…不思議な話ね」

ディアンヌ
「ボクもビックリだよ!!まさかエリザベスが
あの三千年前のエリザベスの生まれ変わりだったなんて!!」

エリザベス
「正直…突然の話すぎて頭が追いつかないの
も…もちろん全部を鵜呑みにしてるわけじゃないんだけど…」

ディアンヌ
「本当は鵜呑みにしたいんじゃないの~?ウププ」

エリザベス
「…」

エリザベスは顔を赤らめて頷きます。

ディアンヌ
「団長にはもう話したんでしょ?」

エリザベス
「う…うん でも誤魔化されちゃって」

ディアンヌ
「ひどーい団長!!」

エイレン
「思い出して欲しくない事情がある…とか?」

エリザベス
「え」

ディアンヌ
「それって団長が前世のエリザベスにすっごいHな事をしたとか?
浮気をしたとか?」

エイレン
「そこまでは わからないけど…」
(浮気って何かしら…)

エリザベス
(思い出して欲しくない事情…?)

ディアンヌ
「ねえ、エイレン団長の心を読む事ってできないの?」

エイレン
「う~ん
意図的にそうしてるのかわからないけど、彼の心って本当に読めないのよね」

エリザベスの脳裏にゼルドリスの言葉がよぎりました。

ゼルドリス
『ならば全てを思い出せ!!その時、貴様は己の罪の深さを思い知るんだ!!』

その時でした、エリザベスに突然頭痛が襲います。

ズキッ…
「・・・っ」

ディアンヌはエリザベスの手をぎゅっと握って言いました。

「絶対に思い出すんだよ!!頑張れ!!
ボクはエリザベスを応援するからね!!

ひょっとしたら…辛い前世の記憶が蘇るかもしれない
でも幸せな記憶だって必ずあるよ!!

ボクも…ゴウセルもそうだったもん!!」

エリザベス
「…うん」

エリザベスの記憶を取り戻すことに協力してくれるというディアンヌに
エリザベスは笑顔をみせました。

その頃ホークママは荒野を進んでいます。

赤い魔人が近くを飛んでいます。ホークママに気づいた赤い魔人は
襲いかかろうとしますが、ホークママは鼻息で仕留めます。

「ブゴッ!」

七つの大罪28巻のネタバレとあらすじ②

エスカノールの酒場ではマーリンが酒を飲みながら考えています。

マーリン
(無事でいてくれ…アーサー)

エスカノールはコップを拭きながらマーリンを見ていますが
言葉をかけることもできず、切なそうな表情を浮かべています。

エスカノール
(マーリンさん…)

その頃、ゴウゼルはベランダで風に当たっていました。

ゴウセル
「城塞都市コンランド…
この距離で既に強い魔力を感じる
間違いなく十戒だ

それだけじゃない…

何か不思議な気配に満ちている…
でもその前に…」

キングとヘルブラムは外で座って何か話をしています。

キング
「ねぇ、ヘルブラム
さっきはどこに行ってたのさ?」

ヘルブラム
「あっと!それよりお祝いがまだだったよね~ ハーレクイン?」

キング
「お祝い?」

ヘルブラム
「でっかわいコちゃんとのコト…よかったね!おめでとう!!」

ヘルブラムは手をパチパチさせています。

キング
「で…でっかわいコちゃんじゃなくて、ディアンヌ…!」

ヘルブラム
「そしてそして や~っと生え始めた
お世辞にも立派とは言い難い羽のコトも…」

キング
「失礼だなぁ!!も~何が言いたいのさっ!?」

ヘルブラム
「だーかーらー キミはずっと俺っちの親友って事さ!」

キング
「…?ヘルブラム…?」

メリオダスとバンは屋上でメラスキュラについて話していました。

バン
「なあ、団ちょ 悪ィが今回の任務(ミッション)だけは
抜けさせてくれねぇか~?」

メリオダス
「…ああ、いいぜ」
「エイレンの事だろ?次元のひずみとやらを作ってんのは十中八九、メラスキュラだ
魔親王を”信仰”するあいつは 間違っても交渉のきく相手じゃねえ
必ず戦う事になる……でも奴を殺さねば…」

バン
「エイレンはもう限界だ…メラスキュラを倒さずともいずれ…
だからせめて最期の瞬間は一緒にいてやりてぇ…」

メリオダス
「バン…お前の気持ちは…」

バン
「分かんのかよ 好きな女を二度も死なせる気持ちが」

メリオダス
「…」

エリザベスとディアンヌはエイレンの部屋を後にしました。

その後、

ガシャーンという音と、エリザベスの悲鳴が聞こえました。

「キャーッ!!」

その音を聞いた一同はエリザベスの元へ駆けつけます。
ホークは屋上にいたメリオダスの所へ知らせに走りました。

ホーク
「たっ、大変だっ!!メリオダス!!」

部屋に戻ると取り乱すエリザベスをディアンヌが抑えています。

エリザベス
「放してディアンヌ」

ディアンヌ
「落ち着いて!!どうしたのエリザベス!?」

エリザベス
「早く…知らせなきゃ」

ディアンヌ
「何を!?誰に!?」

エリザベス
「バルザドが”狼男(ウェアフォックス)”に噛まれたって!!
早くメリオダスに知らせて頂戴!!」

ディアンヌ
「バルザド…?だ…誰?」

エスカノール
「?」

ホークの報告を受けたメリオダス達も降りてきました。

メリオダス
「何があった!?」

ディアンヌ
「団長!!急にエリザベスの様子が変に…」

エリザベス
「ああ…!メリオダス、バルザドが重症だって騎士団から連絡があって」

メリオダス
「!…お前…まさか」

マーリン
「エリザベス女王、私が分かる?」

エリザベス
「久しぶりね、マーリン… 見違えたわ…あんな幼かった子が…
まだ一人でベリアルインにいるの?
今日はまたメリオダスの所へ遊びにきたのかしら?」

マーリンは目を見開きます。

マーリン
「これは…」
メリオダス
「エリザベス…っ」

メリオダスがエリザベスを見た時でした、ホークがエリザベスの異変に気づきました。

ホーク
「プッ、プゴ!?エリザベスちゃん…そ…その目は!?」

次の瞬間の事、目がゆっくりと閉じられたかと思うとエリザベスは急に
その場に倒れてしまいました。

エリザベスがベッドに寝かされている中、みんなが部屋に集まっていますが
一同は困惑しているようです。

キング
「一体何がどうなってるの?」

ディアンヌは涙目で話します。

「ぐす…ボクにも分からない…大丈夫かな、エリザベス?」

バン
「マーリン、原因はわかんねえのか?」

マーリン
「…呪いを解く際、ゼルドリスの魔力に干渉した影響だろう」

ディアンヌ
「じゃ…今度はエリザベスがその呪いに!?」

メリオダス
「違う エリザベスの記憶が戻り始めたんだ…」

ディアンヌ
「…へ?記憶が?それって…前世の?凄い!!」

キング
「ん?前世?何の話?」

ディアンヌは楽しそうに話を始めました。

「キング~絶対驚くよ~!? なんと!! エリザベスは三千年前から
前世の記憶を失くしながら 何度も転生し続けてるんだって!!」

キング
「ふええええ!?うそ!?」

ディアンヌ
「だからエリザベスはね 前世の記憶を取り戻したいって ボクらにー」

マーリン
「口を慎め!!ディアンヌ!!」

ディアンヌは驚きます。

「!?な…何!?どうして!? 酷いのは団長だよ!!
エリザベスのその話をわざと無視したんだから」

メリオダス
「…」

メリオダスはエリザベスの左手を両手で握って話ます。

「…もう終わりだ 記憶が全部戻るまで そう時間はかからねえ…
記憶が全て戻ればエリザベスは三日で死ぬ」

みんなはメリオダスの言葉に驚いています。

デイアンヌ
「死…え? 何その冗談…団長?」

メリオダス
「それが俺たち二人の運命だ もう黙ってる必要もなくなった
お前らに全て話す

俺の三千年の旅の目的を・・・」

メリオダスは語り始めました

「王女の呪いは何のため?
闇に包まれた団量の過去が語られる時がきた!!」

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキが七つの大罪28巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!エリザベスが記憶を取り戻すとしんでしまう…!?衝撃的な展開になってきました。メリオダスの旅の本当の目的が明かされる!

七つの大罪28巻のネタバレとあらすじ③

それが僕らの生きる道

エリザベスが魔親王、メリオダスが最高神と対峙しています。

『魔神族を統べる者”魔神王”』
『女神族を束ねる者”最高神”』

魔親王と最高神によりメリオダスとエリザベスは吹っ飛ばされて倒れます。
メリオダスは血を吹いて倒れますが、エリザベスもまた血まみれで倒れます。

メリオダスとエリザベスの右手と右手が重なります。

メリオダス
(奴等の圧倒的な力の前に為す術もなくオレ達は命をおとした)

しばらくして
死んだはずだったメリオダスが目を覚まします。

永遠の生によりメリオダスはその場で生き返ります。
メリオダスが重なった手の方を見るとエリザベスが死んだ姿がありました。
メリオダスは、エリザベスを抱えて泣き崩れます。

メリオダスは虚ろな目をして荒野を彷徨い歩いています。

その時、メリオダスのマントが風に飛ばされてしまいました。

メリオダス
「!!」

その時、飛ばされたマントを誰かがキャッチします。

メリオダスは驚きます。

そこに現れたのは転生したエリザベスでした。

メリオダス
(翼こそないが間違いない そこには死んだはずのエリザベスがいたんだ)

原始人風のエリザベスが兎を手にしています。

メリオダス
(他人のそら似だったというわけじゃねえ
直感で、本能でそう感じた)

エリザベスはメリオダスに優しく微笑みかけます。

メリオダスは涙してエリザベスに抱きつくのですが、急に抱きつかれたエリザベスは
怒ってメリオダスを殴ります。

メリオダス
(…のはオレだけだった)

エリザベスはメリオダスの事を全く覚えていませんでした。

その後、メリオダスはエリザベスの村で一緒に暮らし始めるのですが、エリザベスは
不思議な力で人々の傷を治す事ができたのです。

エリザベスは時々頭痛に悩まされていました。

そんなある日のこと、

エリザベスは昔の記憶を完全に思い出したのです。
そしてその後、エリザベスは”あの時の目”に変化しました。

メリオダスは泣いて喜んだのですが。

メリオダス
(…その3日後、エリザベスはオレの目の前で死んだ…)

エリザベスは気の杭が胸に刺さって死んだのでした。

メリオダスはエリザベスの墓の前で泣いています。
その時、メリオダスは女性に抱かれた赤ん坊を見て驚きました。

エリザベス
(転生するたびに私はあなたと必ず出会い、恋に落ち
あなたの目の前で必ず命を落とすの)

みんなは、メリオダスの話を聞いて驚いています。

メリオダス
「おsれから三千年 107人のエリザベスと出会い過ごし
106回…エリザベスの最後を看取った
何度繰り返してもこれだけは慣れねえな」

メリオダスは瞼を閉じました。
ホークは涙と鼻水で顔がグチャグチャになっています。

メリオダス
「だからエリザベスはオレを苦しみから解放するために約束させたんだ」

エリザベス
「いつか、この呪いを解くと約束して!!」

メリオダス
「呪いを解くには魔親王か最高神の力が要る もしくはそれに匹敵する力が要る
例えば…ゼルドリスが魔親王から借り受けた力だ
…そして現在バルトラの予兆で知る事が出来た

”十戒”と”七つの大罪”の集結を

…悪かったな お前らを騙すような形になっちまってよ…」

メリオダスは立ち上がりました。

ディアンヌ
「待って!…もしも呪いを解いたら…団長とエリザベスはどうなっちゃう?」

メリオダスは優しい顔をして言いました。
「永遠の生と永劫の輪廻が終わる それがオレの旅の目的だ」

ディアンヌ
「そんな…そんなの…」

ディアンヌは涙を流します。それをキングは見ていました。

ホーク
「それじゃ、2人は…」

メリオダス
「ま…言いてぇ事は他にもあるだろうが」

ディアンヌ
「ひっく、ぐす…ぐす…やだよ!そんなのボク…ボク…」

メリオダスがディアンヌの前に行きました。

メリオダス
「ディアンヌ、オレ達が今すべき事は?」

ディアンヌ
「…コンランドに行って次元のひずみを破る事…ぐすん…」

メリオダス
「それでいい 今は目の前の目的だけに集中しろ…!!」

ホークママはコンランドを目指してどんどこ歩いて行きます。

七つの大罪28巻の感想と見どころ

七つの大罪28巻の感想と見どころを紹介します。

メリオダスの三千年の旅の目的が明らかになりました。
エリザベスとメリオダス二人の運命も…。

エリザベスは何度も転生していて、過去の記憶を取り戻すと3日で死に再び転生を繰り返しているのでした。
それもメリオダスと必ず一緒に。

これはとても強い呪いにかかっているようです。
この二人は同じ人物に呪いをかけられているのでしょうか?

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキが七つの大罪28巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介してきました。ここでご紹介しきれなかったストーリーの続きは無料ダウンロードできるサイトからどうぞ!電子書籍を無料で読むならオススメのこちらのサイトからどうぞ!

七つの大罪28巻を無料で読む方法

七つの大罪28巻を無料で見るには?

好きなだけ漫画が読めるサービス

お試し無料の【U-NEXT】がオススメです。

①最初の31日間はタダでコミックが読み放題!
②スマホ・PC・TVでも見れちゃうのでとっても便利!
③登録・解約もとっても簡単!

簡単登録・安心安全の【U-NEXT】公式サイトからどうぞ!

ダウンロードはたったの1分で完了です!

七つの大罪28巻を無料で見る方法はこちら!

気になったらクリック↓↓

⇒七つの大罪28巻を無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA