マギ37巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法

マギ37巻

マギ37巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法について書きました。マギ37巻のあらすじですが、かなりネタバレしていますので要注意です!全て無料で読む方法についても詳しくご紹介しています。

気になったらクリック↓↓
⇒マギ37巻を無料で読む

マギ37巻を漫画村やzipで見ると危険なの?

電子書籍が見られると書いてあるサイトは多いのですが危険なことが多いので違法ダウンロードはやめておきましよう。

・違法ダウンロードは犯罪×
・zip形式だダウンロードするとウィルス感染の危険性がある×
・クリックすると海外サイトにとんでしまうこともある×
・高額料金が発生する×

マギ37巻を無料で見られるのはU-NEXT!!

 

【U-NEXT】は大手U-SENがが経営する大手サイトです。動画配信サイトとして有名ですが
電子書籍もたくさん見ることができます。

ウィルスの心配がないところも安心ですね。

無料登録は簡単1分で完了です。
もちろん解約も簡単にできてしまいます。

無料登録すると30日間は完全無料でサイトが使えますし、600ポイントがもらえます!
マギ37巻がポイントで実質無料で見れちゃいます!

 

ここをクリック↓↓↓
⇒マギ37巻を無料で見る

 

マギ37巻の他にも人気作品が見られます!

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキがマギ37巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!世界中の戦力vsアリババ達の死闘です!!

マギ37巻のネタバレとあらすじ①

マギ37巻のネタバレとあらすじを紹介します。

アリババの答え

シンドリア王国の海上にて

白龍ジュダルが天使達と戦っていると海上から鬼倭国王の人物が現れました。

白龍とジュダル
「何!?」

『ルフが回収され、世界が滅亡へ進む中、世界中の戦力vsアリババ達の死闘!!』

エリオハプト上空では複数の気球が魔法陣から現れます。

紅玉達が移転魔法陣からから現れて
続いて炎影、李青秀、周黒惇、楽禁も現れました。

紅玉に炎影が言います。

炎影
「陛下、私は無用です 私たちは先鋒を買って出た煌帝国の名に恥じぬ戦いを
彼の説得が叶わぬ時には一気に…」

紅玉
「…」

アリババ
「…!」

上空の紅玉は剣を構ますが紅玉の周りには炎影達がいます。
紅玉はアリババを見据えています。

アリババ
「紅玉…」

紅玉は剣を構えています。そして家臣達はそれを見ています。

家臣
「…」
(説得と言っても…どうするつもりだ?)
紅玉
「…」

人々は紅玉に注目しています。

次の瞬間でした。紅玉は金属器を捨てました。

「なっ!?」

兵達
「金属器を!?」

炎影
「彼のためにそこまでなさるのか…」

紅玉は空中に浮かんで絨毯の上に降り立ちました。
紅明は止めようとするのですが、紅玉がそれを制止します。

紅玉
「アリババちゃん…
アナらは私を奮い立たせてくれた…私の国をづけてくれた…
そのあなたの考えが今は分からない…

お願いよ…私と話をして…!!
一時だけでもいい!!」

アリババ
「…」

アリババは紅玉を見つめています。

紅玉
(アリババちゃん お願い…っっ!!剣を捨てて…!!
国際同盟の本隊が到着したら もう私一人の力じゃ
戦いを止められなくなるのよ…!!)

紅玉はアリババとの昔の場面を思い出します。

マギ37巻のネタバレとあらすじ②

紅玉
「あなた、お友達になりなさい」
アリババ
「いいぜ、よろしくな 紅玉」
紅玉
「自分が何もできない無力なお姫様だって思い知らされたわ」
アリババ
「そんな事ねぇよ お前は凄い奴だ 兄貴達の代わりに
お前がやらなきゃ!! 紅玉!!」

紅玉は拳を握り締めました。

紅玉
「絶対に諦めない…私は、あなたとだけは絶対に殺し合いなんかしない…!!
だからアリババちゃん…」

紅玉は鎖に捕らわれている手を差し出しました。

アリババ
「!!お前…!!」
紅玉
「一緒にルフに還りましょう…!!」

鎖に捕われている紅玉や家臣達の描写を見た
アリババは歯を食いしばります。

アリババ
「決めたぞ…」
紅玉
「えっ?何を?」

アリババは思いっきり息を吸い込みました、そして叫ぶように言います。

アリババ
「聞け!!
俺はお前らを絶対にルフに還らせねぇ!!
俺もルフには還らねぇ!!!
この世界で皆で生きていくんだ!!!
それが俺が出した答えだ!!」

アリババの叫び声に一同はビリビリと感じています。

紅玉
「アリババちゃん…!!」

その言葉を聞いた李青秀と炎影が向かっていきます。

アリババ
「!」

李青秀
「こいつ、陛下のご温情を踏みにじりやがったな!」

李青秀は顔周りの複数の蛇をアリババに向けて攻撃します。

アリババは跳躍しながら全ての蛇を躱します。
空中に跳躍したアリババに向かって炎影が火を吐きます。

アリババは剣を構えました。

アリババは構えた剣で炎を吸収していきます。

炎影
「!」

李青秀
「アリババは何を考えてんだ!?もう魔装もズタボロじゃねえか!」
楽禁
「えっ、お前分かんないのォ?」
李青秀
「え!?なんスか!?」

炎影はアリババに向かって更に炎を吐いて行きます。
アリババは後ろに飛び避けて炎を回避していきます。

その時です、上空で何かキラキラと光るものが見えました。

アリババ
「!」

それは上空に浮かんでいたたくさんの気球から投下された爆弾でした。
大量の爆弾がアリババに直撃します。

エリオハプトの人々はその様子を見て歓喜しました。

「おーっ!」

兵士達は気球から爆弾を投下しながら下の様子を見ています。

兵士達
「金属器使い1人で勝てるわけがないんだよ!」

兵士達はあがる爆煙を見ています。

その時、煙の中で何かがキラッと光りました。

兵士達
「何!?」

アリババは炎の中で炎を吸収していたのです。
アリババの剣の魔法陣がキラッとひかります。

兵士達
「炎を吸収している!?」
紅明
「熱魔法の吸収…マギなしで金属使いが連戦するには
確かにそれしかありません しかし…」

炎影
「熱魔法の…吸収だと?そんな事は分かっている」

炎影はアリババに向けて更に炎を放ちます。

アリババは必死に件の中に炎を吸収します。

炎影
「だが…外部の魔法から魔力(マゴイ)を吸収し続ける事は
金属使いの身体に負担をかける
君の身体が保たないだろう?」

人々はアリババと炎影の戦いに注目しています。

アリババは炎を吸収し続けていたのですが、次第に身体に負担がかかって
ビキビキと音を立て始めました。

アリババはそれでも必死に炎を吸収していきます。

紅玉はその様子を目を見開いて見ています。

アリババ
「俺の身体が保たないだろうって?
そんな事は…知ってるぜ!!」

アリババはニッと笑いを見せました。

アリババ
「それでもこのために魔力(マゴイ)が必要だったんだ!!」

次の瞬間アリババが剣を掲げました。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがマギ37巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!いよいよ、アリババの身体が悲鳴をあげまじめました。このまま戦い続ける事は出来るのでしょうか!?

マギ37巻のネタバレとあらすじ③

最後の一撃

アリババ
「礼節と厳格の精霊よ…汝が王に力を集わせ…地上を裁く大いなる…業火をもたらせ!!」

紅玉
「あれは…まさか…!!! 極大魔法!!!」

感情を灼きつくす渾身の一撃!!?

炎影
「なるほど…最後の一撃に全てを託すか…撃ってみるがいい!!」

紅玉は先ほどのアリババとの会話を思い出しています。

アリババ
「決めたぞ…」
紅玉
「えっ、何を?」

紅玉
(決めたって…こういうことだったの…!?アリババちゃん!!?)

炎が紅玉達のほうへ迫ってきます。

兵達
「なんて炎だ…!!」

青秀
「来やがれ…!!」
紅明
「陛下、後ろへ。」

アリババ
「極大魔法『炎宰相の列斬剣(アモール・アルバードル・サイカ)』!!!」

紅玉「!!!」

紅玉は目を閉じました。

次の瞬間、炎が上空の巨大魔方陣にぶつかりました

兵達
「!?」
アレキウス・紅明
「!?」
紅玉
「……えっ!!?」

一同は驚いています。

巨大魔方陣がジュウゥゥ…と音をたてて焼けています。

炎影
「外した!ばかめ、どこを狙っているんだ!?」

その時、巨大魔方陣から先の尖った黒い柱が現れました。
そして炎影に迫ります。

アラジンが炎影の目の前に現れて、剣でズバッと黒い柱を斬ります

炎影
「なんだと?」

アリババは衝撃で地面に叩きつけられます。

青秀・楽禁
「こいつ…」
炎影
「こいつ…まさか…俺たちではなく…あくまでも聖宮の使者と戦うつもりか!!?」

アリババは巨大魔方陣から出現する無数の柱と戦っています。

アレキウス
「ばかな!!なんのために!? わからん…やはり、頭がおかしくなってしまって
いるのだろう…」
紅玉
「…」

紅玉は必死に戦っているアリババを見ています。

紅玉
(おかしくなってしまっている?本当に?
本当にあれが…正気を失ってしまった人の姿なの…!?
違う気がする…

なぜ戦うの!!?そんなにボロボロになってまで…
それでも必死で…戦うのは…戦う理由は…!!?)

アリババはエリオハプトの人々に迫って来た柱を剣で斬ります
右手をスッとあげました。

紅玉の脳裏には過去の場面が浮かんでいます。

紅玉
「私がやらなきゃ!」

紅玉の背後が真っ黒になります。
紅玉はアリババを見ています。

紅玉
「………………」

紅明・兵達
「…!!?」

「煌帝国のために…」
「煌帝国のために!」
「煌帝国のために…」
「煌帝国のために…!!」
「煌帝国のために!!」

「レーム帝国のために!!」
「レーム帝国のために…!!」
「レーム帝国のために!!」
「レーム帝国のために…!!」
「レーム帝国のために」

アレキウス
「………!!」

アリババ
「戦う理由は自分で決めなきゃ、胸を張って生きられない。」

紅玉の目から涙がこぼれ落ちました。

紅玉
「ルフへ還ろう…」

紅玉はボソっと一人つぶやきました。

人々
「共にルフへ還ろう…共にルフへ還ろう…!!」
アリババ
「でもお前らみんな何か大事なもののために自分で命がけで
戦ったやつらだろう?
本当にいいのか?運命の言いなりで全部投げ出して…本当にいいのか……」

アリババは叫びました。

「自分の頭で考えてくれ!!!」

ダビデ
「ハハハ!!」
「無駄だよ!!『運命』はそう簡単なものではないのだから…なぁシンドバッド?」

マギ37巻の感想と見どころ

マギ37巻の感想と見どころを紹介します。

アリババは極大魔法を発動しました!紅玉達がこちらに攻撃して来るかと思いきや聖宮の
使者達の相手でした。

アリババは頭がおかしくなってしまったのか?

そんなアリババの姿を見た紅玉は”正気を失ってはいない”とみています。
かつて国のために戦った自分と重ねてみるのでした。

ところが、ルフの鎖は更に強くなっているのでしょうか?

紅玉はルフに還ろうと考え始めます。

戦いはシンドバッドではなく、ダビデ優勢な展開です。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがマギ37巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介してきました。ここでご紹介しきれなかったストーリーの続きは無料ダウンロードできるサイトからどうぞ!電子書籍を無料で読むならオススメのこちらのサイトからどうぞ!

マギ37巻で読む方法

マギ37巻を無料で見るには?

好きなだけ漫画が読めるサービス

お試し無料の【U-NEXT】がオススメです。

①最初の31日間はタダでコミックが読み放題!
②スマホ・PC・TVでも見れちゃうのでとっても便利!
③登録・解約もとっても簡単!

簡単登録・安心安全の【U-NEXT】公式サイトからどうぞ!

ダウンロードはたったの1分で完了です!

マギ37巻を無料で見る方法はこちら!

気になったらクリック↓↓

⇒マギ37巻を無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA