進撃の巨人24巻が無料ダウンロードできる漫画村・ zip・rarは危険です!

進撃の巨人24

進撃の巨人24巻を無料ダウンロードできたらいいですよね?漫画村・ zip・rar・より安全確実なダウンロード方をご紹介します。進撃の巨人24巻を無料ダウンロードできるとうたっている漫画村・zip・rarなどのサイトはウィルス感染が心配です。

進撃の巨人24巻を今すぐ無料で見たい!というあなたは以下のサイトから読めます

↓↓クリックして無料登録してください。
⇒進撃の巨人24巻を無料で見る

登録解除も簡単です!

進撃の巨人24巻のネタバレとあらすじ

進撃の巨人24巻のネタバレとあらすじをご紹介します。

リベリオ収容区の街中をライナーとガビが二人で歩いています。

区民
「おはよう ブラウン副長」

リベリオ収容区の男性は帽子を取って挨拶します。

ライナー
「おはようございます」

ライナーはにこやかに挨拶を返しました。

区民
「おはよう 我らの戦士よ」

ライナーは収容区の街の人々から挨拶をされます。

区民
「あら 小さな戦士ちゃん」
「みんな あなたに期待してるわ」

ガビにも街の女性から声がかかります。

ガビ
「ありがとうございます」

ガビもにこやかに返事を返します。

ライナーとガビはエルディア収容区出入り口の方へと歩いていきます。

ライナー
「本部へ」

ライナーは通行証のような紙を門兵に見せました。

門兵
「もう次の戦争か?」
ライナー
「そのようです」
門兵
「景気のいいこったな」

ライナーは門兵と言葉を交わします。
もう一人の門兵はガビに声をかけました。

「このチビもこの間は活躍したんだって?」

ガビは下を向いたままです。

門兵
「なあ?チビったりしなかったか 聞かせろよチビ」

門兵はガビにしつこく食い下がります。

ガビはその門兵の言葉を相手にせず、通行証おw見せました。

ガビ
「はい いつもの 本部で訓練」

ライナーとガビはそのまま門を通過します。

門兵は二人の後ろ姿を見つめて頭をかきます。

「ケッ…何だよあいつ」
「絶対自慢してくると思ったのに…」

「今日はやけに静かだな」

門兵はいつものガビなら自慢してくるだろうと思って声をかけていましたが
今日のガビはいつもと様子が違っていたようです。

しばらく二人で歩いた後、ライナーも気になったのかガビに尋ねます。

ライナー
「どうした ガビ 元気がないな」

ガビはしばし下を向いたまま浮かない表情のまま返事をしました。

ガビ
「変なのはライナーだよ 何か…嘘をついてる」

ライナーは『嘘をついている』と言われて、少し間をあけて返事をします。

ライナー
「嘘? 何のことだ?」

ライナーは意味が分からないと惚けた様子でガビに聞きます。
ガビはそんなライナーを見て悲しげな表情で見ています。

ガビ
「何のことか私には分からないけど
カリナおばさんには わかるみたいだったよ

ライナーが島から一人だけ帰ってきて…
別人みたいになったって…

おばさん すごく心配してたよ?」

ガビは不安そうにしているカリナの表情を思い出しています。

ライナーは軽く笑いながら答えます。

「はは…
12歳だった息子がオッサンになって帰ってくれば
さぞかし心配させただろうな」

ライナーは顎髭を触りながら答えました。
ガビは悲しげな表情のまま答えます。

「…いつか…本当の事を話してね」

ライナーはその言葉を聞いて少し驚いた表情です。

ガビ
「…血の繋がりは

『九つの巨人』の記憶の継承に強く影響するって巨人学会の人が
言ってたよね?」

ライナー
「…ああ」

ガビ
「私が鎧を継承すればライナーは私の中で きっと…生き続ける
人には言えないつらい事も 二人でわかり合えるよ」

ガビは真剣な表情で言います。

ガビ
「大丈夫
きっと…二人で力を合わせれば…

エルディアの未来は切り開けるから」

ガビの言葉を聞いたライナーは優しい表情になります。
ライナーはガビの頭にそっと手をやって答えます。

「…そうだな」

戦士の訓練所では本部の戦士候補が訓練をしています。

ウド
「しかし こんなに早く召集されるなんてな…」
ゾフィア
「もっと休みたい」
ファルコ
「お前ら そんなこと言っていると次の戦士候補生に抜かれちまうぞ」
ウド
「…気合い入ってんな ファルコ…」

ウドは真剣な表情でトレーニングしているファルコに言いました。

ライナーとガビが後ろの門から入ってきます。

それに気づいたファルコは、そちらを見ながら言います。

「まあな」

ガビを見ながらファルコは思います。

”ガビを守りたいなら
オレがガビを超えるしかない”

ガビはライナーと別れて、そのままウド、ゾフィア、ファルコが
いる場所へ歩いていきます。

ゾフィアはガビに手を上げて挨拶をします。

ファルコはガビの方を見ないで

「『鎧の巨人』を継承するのは オレだ」

そう言って振り向きました。

その瞬間、ガビがファルコに頭をぶつけました。

ファルコ
「ッい!!」

いきなり頭突きをされたファルコは思わず叫びます。
ガビは頭をぶつけたままファルコを睨みつけています。

「やってみろ」

ファルコは目を細めて言い返します。

「…おう」

本部に入るガリアードは上着のポケットに手を突っ込みながら
階段を上がって2階へと移動します。眠そうにあくびをしています。

「ふあ…」

あくびで涙がでた目を開けると何かを見つけました。

ふと下を見るとピークが四つん這いになって歩いています。

ピーク
「ん…
おはよう ポッコ」

ガリアード
「ピーク…何…やってんだよ」

ピーク
「こっちの方がしっくりくるんだ
ビックリさせちゃった?」

ガリアード
「…立って歩けよ」

ピークは人力の巨人になっている時の形が抜けないのか
日常生活でも四足歩行しているようです。

ポルコがドアを開けると、中にはコルト、ライナー、ジークがいました。

コルトとライナーはテーブルについて座っています。
ジークは立ってコーヒーを淹れています。

コルト
「おはようございます」

コルトはガリアードとピークに挨拶をします。

ジーク

「全員 揃ったな」

ジークはガリアードとピークを確認して言いました。

ガリアード
「珍しいですね 戦士長の部屋に集合なんて
マーレ軍の人は?」

ガリアードはドアを閉めながらジークに質問しました。

ジーク
「この部屋にはいない」

ジーク戦士長は明るい表情で答えますがライナーとピークは
その言葉に表情を変えました。

ジーク
「お茶してもたまにはいいだろ」
ポルコ
「…はぁ」

ガリアードはどう答えていいのかわからない様子で
とりあえず椅子に腰掛けます。

ジークも自分の椅子に座りました。

そしてジークは真剣な目線でみんなを見ながら話始めました。

「早速だが まずい状況だ
この数年でマーレは資源争奪戦の時代を勝ち抜き反発する国々を
俺達の巨人で黙らせてきた」

「それによって世界のエルディア人に対する憎悪は…
今や帝国時代を彷彿とさせるほどに膨らんでいる」

「俺達は歴史への反省を示すべくマーレに尽くした」

「それは間違ってない だが…
世界からは一層エルディア人の根絶を願う声が高まった」

「それに加え
先の戦いで通常兵士が巨人兵器を上回る未来が
より明確に知れ渡った」

「つまりエルディア人は近い将来にから那須戦術価値を失う」

「そうなれば
マーレは今の国力を維持できなくなる
マーレが弱まればエルディアと世界を隔てる壁はなくなり

エルディア人はより生存権を脅かされる立場になるだろう」

コルトはジークの話を聞きながら汗を浮かべています。
ライナーは目を細めて聞いています。
ガリアードは真剣な表情です。

ジーク
「世界は もうエルディア人を人権の定義に当てはめる必要は無いと言っている」

「…これは 民族存亡の危機だ」

コルト
「…何か解決策は無いんですか?」

ジーク
「唯一の解決策は これまで通り 早急に『始祖の巨人』と
パラディ島の資源をマーレに治め

マーレの国力を安定させると同時に
世界を脅かすパラディ島の脅威を我々の手で解決する事だ」

ピーク
「しかし…
今となっては『始祖奪還計画』が成功しても
エルディア人に対する世界の歴史感情を生産するには至らないほど悪化してると
思いますが…」

ピークは四足動物のような姿勢で寝転びながら話をしています。

ジーク
「さすが ピークちゃん その通りだよ 大事なのは物語だ
始祖奪還までの筋書きを用意するんだ

まずは改めて あの島がいかに世界に取って驚異であるかを
強く世界に知らしめなければならない

物語には語り手が必要だ」

「それをタイバー家が引き受けてくれるそうだ
『戦槌の巨人』を管理するタイバー家の一族がね」

コルトは驚いた反応です。

コルト
「…!タイバー家が?」

ジーク
「そうだ
100年前の巨人対戦でフリッツ王に反旗を掲げた最初の貴族家であるタイバー家だ

彼らは名誉マーレ人として政治にも戦争にも不感症の立場だったが
このマーレとエルディアの未来を案じて立ち上がってくれたんだ」

ピーク
「確かにタイバー家は一度も巨人の力を敵国に向けた事が無い
何より巨人大戦でフリッツ王を退けた一族として諸外国に顔が利く
タイバー家を通せば世界は耳を傾けざるを得無いでしょう」

ジーク
「さすが ピークちゃんだ 全くその通りだよ」

ジークは指をさしてピークを褒めます。

ガリアード
「しかし…ダイバー家は今まで『戦槌の巨人』を持っていながら
国を守る務めを果たさず

他のエルディア人が収容所で暮らす中 広い土地の広い屋敷で優雅に暮らしてきた
それが…今さら表に出てきて英雄を気取るなんて
少し…虫が良すぎる話じゃありませんか?」

ガリアードは不満げです。

ジーク
「…気持ちはわかるが
ダイバー家も祖国マーレを憂いでいるんだ」

ガリアード
「しかし…俺たちはー」

ライナー
「これで祖国マーレが救われるら ありがたいことです」

ガリアード
「…!」

ライナー
「俺達戦士隊もダイバー家と協力して
英雄国マーレの復活の礎となりましょう」

ジーク
「…そうだ
近く このレベリオで祭事が行われる」

ライナー
「祭事…?」

ジーク
「諸外国の要人や記者を招いて ダイバー家は宣言を行う」

「一年以内に パラディ島を制圧すると エルディア人とマーレの運命は
この作戦にかかっている」

「もう…失敗は許されない
『エルディア人と祖国マーレの未来のために』
『今一度 皆の心を一つにしよう』」

一方マーレ軍とマガト隊長は別室でジーク達の会話を盗聴していました。

マーレ軍
「ガリアードは多少不満があるようだが
まぁ…任務となれば徹底する奴だ」

「密室での この会話内容なら問題無いだろう」

マガト隊長
「ジークの余計な一言が無ければな…」

マーレ軍
「ん?」

マガト隊長はこのジーク達の会話を疑っています。

ライナー
「『この部屋にはいない』…か」

ライナーは背後の蓄音機に視線を送りました。
ライナーはジークの言葉から盗聴されている事に気付いていたようです。

ラオなーはジークの部屋を後にして訓練所の様子を見つめています。

ガビが訓練用の銃剣でファルコを倒しているのが見えました。

ライナー
”大きな作戦の前には必ず思想調査が行われる
あの頃から変わらないやり方だ…俺はまた…あの島に行くのか…”

ライナーは下を向きながら立ち去って行きます。

以前、島で_____

マーレ当局
「素晴らしい こいつは予想以上の仕上がりだ」

マーレ当局員達は巨人化した戦士達の戦闘能力を遠くから見ています。

「『女型の巨人』こいつはなんでもできる汎用性が強みだ
高い機動力と持続力に加え 硬質化を交えたレオンハートの打撃技は凄まじい破壊力だ
範囲は狭いが『無垢の巨人』を呼び寄せることができる」

「『鎧の巨人』は見ての通り 硬質化しに特化した巨人だ
あの全身で体当たりすれば壁の扉も破壊できるだろう

マーレの盾となり攻撃を引き受ける巨人には
まぁ…我慢強いブラウンが合っている」

鎧の巨人は敵の砲撃を食い止めています。
砲撃する敵国の兵士が、顎の巨人によって破壊されていきます。

「『顎の巨人』は強襲型だ 小ぶりな分最も素早く強力な爪と顎で
大抵のものは砕ける 機転の利くマルセルに託した」

顎の巨人は顎で大砲を噛み砕いています。

獣の巨人は馬で撤退するへ敵兵に向けて投石しています。
敵兵たちは吹っ飛んでいきます。

「『獣の巨人』は相変わらずだ 他より多少デカイってだけの巨人がまさか…
投球技術でここまで恐ろしい兵器になっちまうとはな…」

「何より 奴の地には秘めた力がある…『脅威の子』の奇跡だ」

マーレ兵
「『車力の巨人』は 他とは並外れた持続力で長期間の任務に対応できる
それにより用途に合わせた兵装が可能で作戦の幅が広がる
判断力のあるピークで間違い無いだろう」

車力の巨人は 顎に引っ掛けた爆薬を敵側に置いて吹っ飛ばしています。

マーレ兵
「そして『超大型巨人』破壊の神だ」

ベルトルトが超巨大型巨人へと巨人化しています。

「島の悪魔共に同情しちまうよ ある日 突然アレが殺しにやって来るんだからな」

マーレ当局員は双眼鏡で戦闘の様子を伺っています。

マガト隊長
「確かに新設の戦士隊は先代より能力が上だ 幼子から鍛えただけのことはある
だが軍の決定には疑問だ 四人の子供に始祖奪還計画を託すなど
…俺には正気と思えん」

「そうか?たった今その子供達が 国を一つ踏み潰して見せたじゃないか」

戦士達が『始祖奪還作戦』について講義を受けています。

マガト隊長
「獣の車力は敵国に睨みをきかせるため本国に必要だ 本作戦には参加しない

よって始祖奪還戦は 顎・鎧・超大型・女型で結構する

マルセル ベルトルト アニ ライナー 任せたぞ」

アニ以外の三人はマガト隊長をしっかりと見つめていますが
アニだけは斜め下を向いています。

ガイアードは名前を呼ばれなかったので後ろで俯いています。
マガト隊長の話が終わると、ガリアードが言いました。

「おかしいだろ!!なんでドベのお前が選ばれるんだ!?
どんな手を使いやがった!?」

ガリアードは作戦の講義が終わるとライナーにつっかかります。

ライナー
「ドベはお前だった それだけだろ?ポッコ」

ガリアードは”ポッコ”とよばれてキレて殴りかかろうとします。

ガリアード
「てめえええええ」

マルセルは殴りかかりそうになった手を止めます。

マルセル
「ポルコ お前は軍の決定に逆らうのか?」

ガリアード
「う…」

ガリアードはマルセルの冷静な態度に涙を浮かべながら肩を落とします。

そして、そのまま兄に連れ去られてその場を去っていきました。

マルセル
「ライナー…すまない」

マルセルはガリアードを連れて去り際にライナーに謝りました。
ライナーはなぜ謝られるのか意味がわからないようです。

ライナー
「?」

巨人継承者の場面_____

ライナー・マルセル・アニ・ベルトルトは始祖奪還戦に参加することが
決定してみんなから祝福されています。

四人は立派な馬車に乗ってパレードの主役となっています。

ライナーの母親カリナも涙を浮かべてライナーを見ています。
ライナーも母を見て嬉しくて涙を浮かべます。

ライナーは多くの群衆の中、
自分の姿を確認してその場を立ち去る人物を見つけました。

ライナー
「父さん…」

体格の良いヒゲを蓄えた人物は驚いた表情です。

ライナー
「…そうなんでしょ?
母さんは僕が生まれる前 この兵舎で働いていた
そこで母さんと…カリナ・ブラウンと出会った…」

「顔を見かけて…もしかしたらって…」

説明された、ヒゲの人物は驚いた表情のまま何も言えないその
反応にライナーも戸惑いを隠せません。

ライナー
「…ほら…見てよ
僕と母さんは名誉マーレ人になったんだ 申告すれば塀の外を自由に出歩く事もできる」

「父さんと母さんと一緒に暮らす事だって___」

そう説明をしだした瞬間、父が激昂しました。


「ふざけるな!!
あの女に言われて来たんだろ!!俺に復讐するために!!

クソッ!!

よりによってガキを戦士にさせるなんて!!
お前の出自が詳しく調べられたら俺の一家はおしまいだ!!」

「俺を縛首にしてぇんだろ!?
俺は逃げ切ってやるからな!!お前らエルディアの悪魔の親子から!!」

父は涙を流しながらライナーに向かって叫んで扉をバタンと閉めて行ってしまいました。

ライナーはその言葉を聞いて真っ青になっています。

ライナー
「ま…待ってよ…」

ライナーは父が閉めた扉に向かって手を伸ばしながら言いました。

ライナーはそんな父との場面を思い出していましたが
母に声をかけられて我にかえりました。

カリナ
「ライナー」

ライナー
「あ…そうか もう…出発の日か…」

ライナーはパラディ島に向けて出発する船をみながら呟きました。


「お前なら必ず任務を果たせるよ
きっと父さんもお前の成功を祈ってくれているから」

母はライナーが父とあった事を知らずにそう語りかけます。

ライナー
「…うん」

エルディア人群衆
「我がエルディアの選ばれし戦士達よ!!
悪魔の島から みんなを救ってくれ!!」

出航する船に向けて帽子を取って歓声をあげる人々に手を振りながら
ライナーは思いました。

”そうだ…父なんかいなくても
俺は『鎧の巨人』を託された選ばれし戦士

島の悪魔から皆を救い 世界の英雄になるんだ”

ライナー達は島に到着しました。
パラディ島の堤防、境界線の下でマガト隊長から説明を受けます。

マガト隊長
「ここが楽園の境界 日没後 北に向かい進行しろ
後は作戦通りに動け
マーレ軍は 望月の日 ここに停泊する」

「始祖奪還は それに合わせて進行しろ」

4にんは指示に答えます。
「了解です!!」

マガト隊長
「では…任務を果たし 始祖と共に全員…帰ってこい」

4人は月夜に馬で移動します。
途中で焚き火をしながら休憩しています。

マルセル
「やっぱり夜道はあまり進めなかったな…」

ライナー
「雲が出て来たから仕方ない」

ベルトルト
「巨人に遭遇しなくてよかった…」

焚き火を囲んで4人は会話をしています。

ベルトルト
「本当に…壁を壊しても壁の王は『始祖の巨人』を行使しないのかな…」

ライナー
「今さら何言ってんだ ベルトルト!
マーレの研究結果を信じろよ!」

ベルトルトは作戦に不安を吐き出します。
ライナーとマルセルも口を挟みました。

マルセル
「…そうだ 後戻りはできない…明日俺たちは壁を…」

マルセル・ベルトルト・アニは下を向いたまま黙って、沈黙が続きます。

ライナー
「何だよ?…まさか 島の悪魔を殺すことをためらっているのか?
連中が俺たちとマーレに何をやったのか忘れたのか?

かつて世界を蹂躙して地獄を作った悪魔の末裔だぞ?
今だって世界を脅かしているんだ

俺たちは世界を代表して悪魔を裁くべく選ばれた戦士なんだから」

ライナーは力説します。

マルセルは間を空けてからライナーに謝ります。

マルセル
「……ライナー すまない」
ライナー
「え?」

マルセル
「本当は…お前は戦士に選ばれるはずじゃなかったのに…
俺が…お前を持ち上げたり弟を貶したりして…軍に印象操作した」

いきなりの言葉にライナーは驚き、言葉をなくします。

ライナー
「は?」
マルセル
「俺は…弟を守りたかった… ライナー すまない」

マルセルは涙を浮かべて謝ります。

ベルトルトとアニもその告白謝罪を聞いて驚いています。

ライナーはあまりの出来事に言葉が出ないでいます。

そうしているうちに夜が明けて陽が照りだしました。

ライナー
「何で 謝るんだよ…」

ライナーは虚ろな表情でつぶやきました。

ライナーの背後の地中からユミル巨人が登場しました!

ユミル巨人
「俺はー『鎧の巨人』を祖国マーレに託された戦士」

ライナーはマルセルの告白に動揺してユミル巨人に気づくのが遅れてしまいました。
マルセルはライナーを突き飛ばして助けます。

マルセルはユミル巨人の口の中へと運ばれていきます。

ライナーはただ、恐怖の表情で見ています。

ライナー
「島の悪魔を成敗し 皆を救う 英雄になるんだ」

ライナーはその思いとは裏腹に捕食されているマルセルをおいてダッシュで逃げていきます。
ベルトルトは逃げるライナーを追いかけようとします。

アニhあ二人を見ています。

全てを失った少年は走り出す”破滅”へ向けて…

進撃の巨人24巻の感想と見どころ

進撃の巨人24巻の感想と見どころです

ライナーの回想から新たな過去の出来事が明らかとなりました。
そしてライナーは名誉マーレ人となったことを父に伝えて母と共に暮らせると
本心を伝えたのですが、父からは罵倒されてしまいました。

そんな中ライナーは「自分は選ばれた戦士なので島の悪魔から皆を救って世界の英雄になる」
ということが心の支えとなっていたのですが、それすらマルセルの告白によって
打ち砕かれてしまうのでした。

これまで謎だった九つの巨人の最後の一体が明らかとなりました。
新たな一族と九つ目の巨人『戦鎚の巨人』を管理するダイバー家の一族が登場しました。

しかし『戦鎚の巨人』の人物も、戦闘能力も未知数です。

ヒロキ
こんにちは、漫画をこよなく愛する管理人のヒロキです。今回は、進撃の巨人24巻を無料で電子書籍でダウンロードする方法があるとっても簡単でお得なサイトがあるのでお教えします。簡単にできてしまうので必見ですよ!!

進撃の巨人24巻を無料でダウンロードして観るには一番おすすめのサイトがあります!

 

まずは少し問題をチェックしておきます。

進撃の巨人24巻が無料でもzip・rar・漫画村などのサイトから違法ダウンロードは危険!

進撃の巨人24巻が見られると書いてあるサイトは多いですが、危険なことも以下のように多いので違法ダウンロードはやめておきましょう。

  • 違法ダウンロードは犯罪×
  • 漫画村やzip形式でダウンロードするとウイルス感染の危険性がある×
  • クリックすると海外のサイトにとんでしまうこともある×
  • 高額料金が発生する×

進撃の巨人24巻が無料でもzip・rar・漫画村は著作権違反だし、パケット代が気になる…

WEB上で進撃の巨人24巻が無料で見られるように載せているところもありますが、漫画村やzipなどのサイトは以下のような危険や問題があるのでWEB上で見るのはやめましょう。

  • 漫画村やzipは著作権違反に問われる可能性がある×
  • 漫画の画像が縦に貼られていて見にくい×
  • 通信したまま漫画を見るのでパケット代が気になって、集中して読めない×
ヒロキ
進撃の巨人24巻を無料ダウンロードして見るのに一番安心なサイトを紹介します!!

進撃の巨人24巻を無料ダウンロードして見る方法

 

進撃の巨人24巻が無料でダウンロードできるのは「U-NEXT」です!

「U-NEXT」とは??

  • 有線放送が最初に始めた安心な動画配信サービス!
  • 電子書籍がダウンロードして観られます。
  • 簡単1分程の無料登録ができて1か月トライアル期間でその間の月額使用料は無料。
  • 電子書籍が600ポイント分まで無料でもらえます。無料配信作品が多数見られます。

 

\進撃の巨人24巻が無料で見られるU-NEXTはこちらをクリック↓↓/
⇒進撃の巨人24巻を無料で見る

登録解除も簡単にできます!

ヒロキ
私も進撃の巨人24巻をこのU-NEXTを見ています!パソコンからもスマホからも簡単に操作できてダウンロードできますよ。U-NEXTに登録した後の設定方法も簡単です!一応画像付きでお伝えしておきますね。

進撃の巨人24巻をU-NEXTで無料ダウンロードして見る方法(パソコン)

パソコンで電子書籍を無料ダウンロードしていく方法を画面キャプチャと一緒に見ていきましょう。私はパソコン苦手なのですができたので見ていきましょう~。

※漫画村やzipなどの無料サイトからはウィルス感染の危険性があるので絶対にやめましょう。

①U-NEXTに無料登録

U-NEXTに無料登録をしましょう。図で示している赤矢印の部分「コミック・書籍」をクリックするようにしてくださいね。

②ログインIDとパスワードを入力

下図の赤い四角で囲んでいる部分にログインIDとパスワードを入力してください。

 

③進撃の巨人24巻を検索

下図のようにコミックをカテゴリーや検索窓で検索することができます。

④読みたい作品を選ぶ

電子書籍一覧が出ます。「ポイントOK」と書いてある作品はポイントで見られます。「無料」と書いてある作品は無料でダウンロードして読むことができるのでお得ですね。並んでいる作品をタップすると見る準備ができます。

進撃の巨人24巻をU-NEXTでダウンロードして見る方法(スマートフォン)

スマートフォンで電子書籍を見る方法もお教えします。

スマートフォンでは「BookPlace Reader」で見ていくことができますよ。

①「BookPlace Reader」をインストール

「BookPlace Reader」をインターネットで検索してインストールしてください。(Andoroidバージョンとiphoneバージョンどちらもあります)

②U-NEXTログインIDでサインイン

サインイン画面で「U-NEXTログインIDでサインインする」をタップすると次に進むことができます。

 

③進撃の巨人24巻を検索して選ぶ

アプリを開いた画面下の「ストア」を見つけてクリック、見たい作品を検索するようにしてください。

サーバとの同期のあと、購入ダウンロードしたい作品が本のアイコンで半透明になって表示されるので、そちらで購入した本をタップするとダウンロードできます。

⑤進撃の巨人24巻を読む

本を開くには、ダウンロードした作品をタップするようにしてください。

進撃の巨人24巻が無料で見れるU-NEXTの電子書籍がすごい!

U-NEXTの電子書籍は、人気作品からあなたの気に入っている作品までいろんなものを見ることが可能なんです。

  • HUNTER×HUNTER
  • ONE PIECE
  • 進撃の巨人
  • 東京グール
  • 僕のヒーローアカデミア
  • 金魚妻
  • 終末のハーレム

ジャンプ掲載時と違い、セミカラー版やカラー版が見られる作品も多いのでチェックしておきましょう。

写真集もたくさん見られますよ!

  • 壇蜜
  • 磯山さやか
  • 佐野ひなこ…

 

進撃の巨人24巻が無料のU-NEXTは登録解除も簡単!

登録解除が難しくて入らなきゃよかった…というところも多いですが、U-NEXTは登録解除が簡単にできます。

U-NEXT管理画面で「サービス・料金」⇒「契約内容の確認・変更」⇒「登録解除」と進んですぐに退会していくことができます。

解除方法が分かっていたら安心ですね。

 

進撃の巨人24巻を無料で見るならU-NEXTが便利!

U-NEXTなら簡単にダウンロードした電子書籍を電車の中やお風呂の中、寝る前などの隙間時間でも楽しく読むことが可能です。ぜひあなたも使ってみて、あなたの好きな漫画を見たり新しい作品を開拓したりして楽しんでいってくださいね!!

\600円分ポイントを今すぐもらって、進撃の巨人24巻・電子書籍・雑誌がダウンロードできる!/
⇒進撃の巨人24巻を無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です