ハイキュー29巻が無料で読める ネタバレ注意 あらすじ感想

ハイキュー29

ハイキュー29巻を無料で読む方法です。ネタバレとあらすじも書きました。今回は鳥野vs稲荷崎の第一セットがヒートアップしています。ハイキュー29巻のあらすじについて書きましたが、かなりネタバレしてしまいましたので要注意です!無料ダウンロードして読むならオススメのサイトがあります!

無料登録で安全にダウンロード↓↓
⇒ハイキュー29巻を無料ダウンロード

ハイキュー29巻を漫画村やzipで見ると本当に危険なの?

電子書籍が見られると書いてあるサイトは多いのですが危険なことが多いので違法ダウンロードはやめておきましよう。

・違法ダウンロードは犯罪×
・zip形式だダウンロードするとウィルス感染の危険性がある×
・クリックすると海外サイトにとんでしまうこともある×
・高額料金が発生する×

ハイキュー29巻を無料で見られるのはU-NEXTです!!

 

U-NEXT

U-NEXT

 

【U-NEXT】は大手U-SENがが経営する大手サイトです。動画配信サイトとして有名ですが
電子書籍もたくさん見ることができます。

なんといってもウィルスの心配がないところも安心ですね。

無料登録は簡単1分で完了です。
もちろん解約も簡単にできてしまいます。

無料登録すると31日間は完全無料でサイトが使えますし、600ポイントがもらえます!
ハイキュー29巻がポイントで実質無料で見れちゃいます!

 

無料登録で安全にダウンロード↓↓
⇒ハイキュー29巻を無料ダウンロード

 

ハイキュー29巻の他にも人気作品が見られます!

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキがハイキュー29巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!冴子姐さんがかっこよく登場してきます!

ハイキュー29巻のネタバレとあらすじ①

ハイキュー29巻のネタバレとあらすじを紹介します。

春高二回戦です。鳥野vs稲荷崎の第一セットがヒートアップしています。

稲荷崎サイドの応援も後押ししていて、ゲームは稲荷崎ムードです。

『稲荷崎高校早くも今日2本目のサービスエース!!』

現在稲荷崎7点対鳥野4点で3点差です。

鳥野高校は1回目のタイムアウトをとりました。

冴子の所属する大学の和太鼓チームも、揃いの法被を着て応戦します。

ドン、ドンドンと響く和太鼓で稲荷崎優勢だった会場の空気が
少し変わりました。

「ううう…カッコ良死する…!」
「新種の死因だな」

冴子たちの演武に日向も西谷も悶えています。
澤村が突っ込みを入れています。

冴子たちの応援団は遅れたもののタイムアウト終了までになんとか
間に合ったので、嶋田や滝ノ上もホッとした様子です。

会場は両者ともにイーブンなムードで、稲荷崎の2回目のサーブです。

放たれたサーブを田中が拾って、飛山に繋げます。
日向が決めました。

日向はガッツポーズを決めています。

「すごーい!はやーい!」
「全国こわっ」

冴子
「行くよ!」

観客席に冴子の掛け声がかかります。

日向のサーブ、西谷がアウトで月島がはいりました。

サーブの時は無音が理想ですが、相手方に勝手なリズムを作られて
しまう事は阻止したいと、前もって冴子たちに頼んでいました。

稲荷崎のサーバーの耳に稲荷崎以外の音が入れられればよかったのです。

「あの時は本当に悔しかったからなぁ」

白鳥沢戦の時の事を思い返した冴子は苦い顔をしています。
相手の圧倒的な応援による空気を作られてしまっていたのでした。

『でも、アタシたちの役目は相手の応援に勝つことじゃない。坊主共の背中を
押すこともできないかもしれない

だって、彼らは勝手に進む。だからアタシ達はちょっとだけ空気を
整えられれば良い』

サーブの商用の背で、鳥野の太鼓の音が援護します。

「なんか、すげえサーブが打てそうな気がする…!」

日向は気持ちが高揚してやる気に満ちています。

『稲荷崎のアオリに対して鳥野10番は同様の色無し。
微かに笑っているようにさえ見える』

『サーブはなんだ。スパイクザーブか、ジャンプフロか』

観戦中の星海達はそのような分析をしていましたが、今回上がった
サーブは意外にも普通でした。

「アラン!」
「あいよ!」

日向の放ったサーブをアランが拾います

「銀!」

『サイドから速い攻撃。月島クロス締める』

日向はそう考えて相手の動きを読んでいたのですが、
そこへアタックが落ちてきました。

それを見た西谷はよくやったと言わんばかりの表情ですが
星海は面白くない顔です。

日向は受け止めようと構えましたがボールはその腕を
すり抜けて、左足に当たりました。

フワッと浮いたボールに日向は驚きました。
そしてみんなは訝しげな表情です。

「アレってアリ!?」
「ルール的にはアリだ。ただ…多分恥ずかしい」

足で受け止めてしまったのは結果としてはアリなのですが
空振りをしてしまった両手を握って笑われてしまった日向は
恥ずかしい思いをしています。

西谷
「よい位置取りだぜ翔陽!!」

日向は西谷の声援に応えるように名誉挽回に動きたいところです。

影山のトスは日向をすり抜けて、澤村に渡りました。
それを澤村が見事に決めてくれました。

日向は悔しくて恥ずかしい気持ちでしたがなんとか体裁を繕います。

実況解説
『正直今回も日向翔陽かと思ってしまいました
稲荷崎も日向君を意識しすぎましたかね〜、しかし、
その気持ちは非常〜〜〜にわかりますよ…』

稲荷崎7点ー鳥野6点

鳥野の空気が戻ってきました。点差も縮んできました。

ハイキュー29巻のネタバレとあらすじ②

ライト澤村が決めました。

鳥野応援団
「いいぞいいぞ大地!押せ押せ大地!」

澤村
「ッシ!」

影山と大耳は視線を合わせました。

影山
(今のは日向に跳びついたと思ったのに踏み止まりやがった…)

大耳
(意図的に”釣り”に来たな)

木兎と赤葺はその2人を見ています。

木兎
「今絶対、日向に上がったと思ったよなー!」
赤葺
「はい、そうですね」

(単なる”囮”はリード・ブロックには通用しない
でも今、ファーストタッチがコート中央に上がり
角度的に日向にセットすると見せかけライトへ

影山は視野が広いってだけじゃなく
”相手からどう見えているか”もきっと把握してる 後は…)

木兎
「日向は小っちぇーのに存在感があるからな!!」

赤葺
「ですね」

日向
(なんか空気的に俺に上がる感じだったじゃねーか
バーカ!影山バーカ)

鳥野太鼓応援団
「鳥野のバレー部って強かったんだそっすね」

武田
「IH2位という実績それにくわててあの呑まれるような応援団
でも必要以上に相手を強大なものと思いすぎていたかもしれない

大丈夫1つずつならちゃんと対処できます」

潔子
「ハイ」

次の試合は稲荷崎が得点をゲットしました。

稲荷崎応援団
「ナイスキーれーん!飛べ飛べれーん!もう1本!」

『淡々と取り返します 稲荷崎高校』

大耳と侑はハイタッチします。
試合は進んでいきます。

稲荷崎応援団
「ナァーイスキーひーとーしー!ナイスキーひとし!
飛べ飛べひとし!もう1本!ねーらーいうちー」

鳥養
「フー…」

鳥野7ー9稲荷崎

宮侑のサーブです。

滝ノ上
「出たな”二刀流”…!」
冴子
「何ソレ、球2個使ったりすんの?」
嶋田
「違うわ!!スパークサーブとジャンプフローター…
つまり東峰や影山のサーブか忠のサーブか
直前までどっちが来るかわかんないの」

冴子
「ウギャ」

嶋田
「そんでのの2つはレシーブの構える位置が変わってくる
ほんの1歩分の位置差でも100km超えるスピードのサーブ相手には
致命的な出遅れになる」

宮侑が歩みを進めました。

鳥野のメンバー達はその足に注目しています。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがハイキュー29巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

ハイキュー29巻のネタバレとあらすじ③

前日_____

試合へ向けたミーテイング

澤村
「宮侑くんのサーブは二刀流…ではサーブトスの瞬間までどっちで来るか
わからないという事ですか?」

鳥養
「いや、見分けはできる」

菅原
「!」

鳥養
「歩数だ
奴はサーブの時、ルーティンとして毎回歩数で距離を計る
エンドラインからジャンフロの時は4歩
スパイクサーブの時は6歩 それで見分ける事ができる」

東峰
「…!どっちがくるか早くわかれば 大分違いますね…!」

武田
「サーブ前の動作の全体ってTVではあまり映りませんよね
よく見つけましたね」

鳥養が親指を立てます

鳥養
「チョー探した!ネットに上がってるヤツから知り合いの録画やら」

鳥野メンバー達
「!!アザース!!」

宮侑はエンドラインから4歩歩きました

鳥野メンバー達
(4歩、ジャンフロ)

それを見た澤村、西谷、田中は前で構えます。

澤村、西谷、田中
「サッコォーイ!!」

宮治
(歩数を知っていても それは単なるスタートラインに過ぎないんやで)

強烈な宮治のジャンプフローターサーブは西谷の所へ飛んできました。
西谷はオーバーハンドで捉えようとしますが、
後逸してしまします。

西谷
「!!」

山口・木下
(一瞬で目の前に)

ボールが地面に落ちました。

日向
「ヒイッ…!」

『!!またもサービスエース!!
強烈な2種類のサーブを操ります!!宮侑一!!』

『いやー良いサーブ!
サーブの強さはチームの強さと直結しますからねー
これを切らないと鳥野高校は辛いですねー』

観客達
「サーブやべー さすがだな…」

鳥野7ー10稲荷崎

谷地
「うう…」

澤村がパンと手を鳴らしました。

澤村
「ハイハイ 凶暴なサーブも今まで何回も切り抜けてきた 焦…」

澤村の言葉が吹奏楽の音に邪魔されます。

澤村
「焦るトコじゃないよ!」

鳥野メンバーたち
「ッシャア!!」

谷地はみんなの様子を見てほっとしました。

宮治は鳥野の様子を見ています。

宮侑
「…ふーん、なあ治」
宮治
「何や侑」

宮侑
「攻め流タイミングは逃したらあかんよな」

宮治
「…」

宮治は少し嫌そうな顔をしました。

”宮侑サーブ(2回目)”

宮侑はまたエンドラインから4歩歩きます。

西谷・田中
(4歩)

宮治が放ったジャンプフローターサーブはまた西谷のところにきましたが
今度は何とか上げました。

西谷
「フンッッ!」

日向・山口・木下
「よしっ…!」

ところが乱されてしまった西谷は悔しがっています。

次は田中がアンダーでトスを上げました。

田中
「旭さん!」

東峰
「くっ!」

東峰は敵の3枚ブロックを越すように放っていきます。
ボールは後ろまで飛びますが、リベロのアカギがレシーブで拾います。

赤木
「オシッ!」
宮治
「…」

ボールを見た宮治が動き始めると影山はそれに気付きました・

影山
「!」

宮治はトスを上げて宮侑がボールの下に入ります。

宮侑
(この位置、間合い、この角度どんぴしゃり)

鳥養や鳥野のメンバーたち
「!!」

宮治がアタックを決めました。

観客達
「おおっ!!」

稲荷崎応援団
「ナァーイスキーおーさーむ!
ナイスキーおさむ!飛べ飛べおさむ!もう1本!」

宮治
(まじで球来よった)
武田
「…い、今のはまるで 日向君と影山君の変人速攻…?」

影山と日向は固まっています。

ハイキュー29巻の感想と見どころ

ハイキュー29巻の感想と見どころを紹介します。

前日朝5時まで飲んでいた冴子姐さんが遅れては来たものの、登場するなりいきなりカッコいい感じでした。
稲荷崎に対して、応援団の対策もしっかり練られていたとは。ゲームに置いて応援団の大切さがわかりましたね。
応援団はゲームの後押しをして、コートの中のプレイヤーが気持ちよくプレーできる環境を作るのにとても
大切なのですね。空気だけ作っておけば、後は選手達が勝手に戦う、とは冴子姐さん素晴らしい!

そして、宮兄弟の凄さ、計算高さがよくわかりましたね。
鳥野も少し巻き返したのですが、稲荷崎にしっかり持って行かれてしまいました。

点差も開いてしましましたが、これからの展開が気になります。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがハイキュー29巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介してきました。ここでご紹介しきれなかったストーリーの続きは無料ダウンロードできるサイトからどうぞ!電子書籍を無料で読むならオススメのこちらのサイトからどうぞ!

ハイキュー29巻で読む方法

ハイキュー29巻を無料で読むには?

好きなだけ漫画が読めるサービス

お試し無料の【U-NEXT】がオススメです。

①最初の31日間はタダでコミックが読み放題!
②スマホ・PC・TVでも見れちゃうのでとっても便利!
③登録・解約もとっても簡単!

簡単登録・安心安全の【U-NEXT】公式サイトからどうぞ!

ダウンロードはたったの1分で完了です!

ハイキュー29巻を無料で見る方法はこちら!

無料登録で安全にダウンロード↓↓

⇒ハイキュー29巻を無料ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です