ブラッククローバー14巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法

ブラッククローバー14

ブラッククローバー14巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法について書きました。

ブラッククローバー14巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法です。ヴァンジャンスとアレクドラの出会いから始まります。ブラッククローバー14巻のあらすじを書きましたがネタバレに注意してください。無料で全編安全にダウンロードできるおすすめの方法をご紹介します。

ブラッククローバー14巻が無料ダウンロードできます!
気になったらクリック↓↓
⇒ブラッククローバー14巻を無料で読む

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキがブラッククローバー14巻のあらすじネタバレのご紹介します。アレクドラはヴァンジャンスに魔道書を捧げると誓ってきたのですが、ユノが現れてしまいました。

ブラッククローバー14巻のネタバレとあらすじ①

ブラッククローバー14巻のネタバレとあらすじを紹介します。

アレクドラは敵の伏兵から逃げているうちに奥深くの洞窟に来てしまいました。あまりの奥深さに、ここまで救援に来てくれるものはないと自身の最後を覚悟しました。

ところが、ヴァンジャンスがアレクドラを助けに来てくれたのです。

それは神のようだったと回想します。

アレクドラはヴァンジャンスに魔道書を捧げると誓って、子分たちはヴァンジャンスが選んだ貴族エリートの集団だ、金色の夜明けが最強の団であり続けるようにと邁進したのです。

ところが、そこに下民のユノが現れてヴァンジャンスから期待されるようになりました。

アレクドラは一度も話しかけられていない、ユノは5回も名前を呼ばれたのにと嫉妬します。

そして、自ら団長になると公言するユノに、

アレクドラ
「ヴァンジャンス様を愚弄している!!!運良く精霊魔法を授かったからと言って図に乗るなー!!!」

アレクドラとソリドのチームにいるもう一人が加勢しようとするのですが、エン・リンガードが菌魔法のキノコで阻止します。

菌魔法”走るキノコくん”
「ノエルくんの邪魔はさせないよ~~~~~」

エンは試合前には倒れそうでしたが、ソリドがのノエルに言った言葉にご立腹です。
「あんなことを言うのは兄じゃない」

エンは妹のノエルを傷つけることを言うソリドが許せません。

エンには弟と妹が10人います。エンはその兄弟たちのために戦っているといいます。そして兄は自分より後から生まれてくる、弱い弟や妹を守るためだと。

ノエルに兄貴が二度と歯向かわないようにぶちのめすようにと力説します。

エン
「普通のブチのめし方じゃないぞ!!二度と歯向かわないようにしてやれ!!人間も動物だから
一度立場をわからせてやれば二度と歯向かわないさ___!!」

アレクドラはユノに自身の最高の魔法で攻撃しました。
ユノは精霊シルフの力を使おうとしません。アレクドラは精霊魔法無しで止められるわけがないと豪語します。

そして、ヴァンジャンスの夢を叶えるのは自分であると叫びます。

アレクドラの魔法にユノは風魔法を発せさせてかき消しますが、誰もが驚きます。
「そんなことができるのか」

ユノ
「夢の人など知らない、自分が見るのは自分の夢だけだ」

ノエルvsソリドの兄弟対決です。

ノエルは自分は初め弱かったこと、最初から強かったソリドには弱い者の気持ちなどわからないだろうといいます。今、兄のソリドよりもすごい者達に自分の強さを認めてもらえたのでソリドに認めてもらう必要はないと言います。

そして更に、ソリドの魔法は以前は怖かったが、今となってはとても薄っぺらい物に感じると。

ソリドは自分より下だと思っていたノエルにこのように言われてキレます。

「ほざけ一族の恥さらしがァァァ!!!」

しかし、ノエルの魔法を見たソリドは
「何だこの 魔法は!?!」

ソリドはノエルの魔法は自分に当たるわけがないと思っています。

ノエル
「当てて…いいのよね?」

ノエルは海龍の咆哮をソリドに当てました。
そして、クリスタルも一撃で破壊して勝利を収めます。

ノエル
「もう私は弱くない!!」

<2>122

アレクドラはユノに敗れて放心状態です。

アレクドラ
「…馬鹿な… 馬…鹿な…」

ユノ
「エリート達は躓いたら弱い…」

チャーミーが試合後のユノにデザートの先入れをしました。ユノはエネルギー補給は大事だと感じて快く受け取りました。

チャーミーのハートに矢が刺さっています。
チャーミーは食べる事しか考えていませんでしたが、どんどん乙女に成長しています。

第2回戦、第一試合
ザクス、ミモザ、アスタ vs キルシュ、ソル、マグナ

ロイヤルナイツのステージが魔法によって変更された際に、ザクスが一瞬動揺しました。

その事に気付いたアスタは
「他にも罠を仕掛けているな」

ザクスは、アスタが『気』を使う事ができると思い出しました。
「昨日、ステージの至るところに罠を仕掛けた」

ロイヤルナイツの情報は機密事項ですが、その情報を集めて場所を特定できたザクスにミモザは「何者」なのかと尋ねます。

アスタ
「昨日仕掛けたのはズルだ」

ザクス
「なんでだよクソバカ 情報戦も実力の内だろーが 前日に罠張ったらダメだなんてルールがあんのか?あ?現に咎められてねーだろが」

そう言って論破されてしまい、アスタは言葉が出ません。

チームで協力するので、自分達に仕掛けた罠の場所を教えるようにとアスタは言いますが、ザクスは敵にもバレる可能性があると言う理由で教えません。

ザクス
「オレはオレのやり方でやらせてもらう…!」

2回戦第一試合の開始です。

開始早々、ミモザの兄キルシュは桜魔法『魔桜の猛花吹雪』で一面を桜の花びらで覆います。

ミモザは打開策を見つけられずにいました。
ザクスも相手が罠魔法にかかるのを待つのが良いと下手に動きません。

アスタ
「やっぱこれしか方法がない」

そう言うと黒い反魔法のエネルギーを解放しました。
アスタは反魔法のエネルギーを台風のように全身に纏って、桜吹雪をかき消します。

「ブラックハリケーン!!!」

アスタは桜を全てかき消す事ができたのですが、ザクスがせっかく仕掛けた罠魔法も全て消してしまいました。

ザクス
「何してくれてんだテメェ…!」

アスタ
「初めて自分の言葉で喋った気がする」
「さあ!!!協力して戦おうぜ!!!」

キルシュは、アスタの黒い塊の戦い方に

「美しくない」

と言いました。

ブラッククローバー14巻のネタバレとあらすじ②

アレクドラはユノに敗れて放心状態です。

アレクドラ
「…馬鹿な… 馬…鹿な…」

ユノ
「エリート達は躓いたら弱い…」

チャーミーが試合後のユノにデザートの先入れをしました。ユノはエネルギー補給は大事だと感じて快く受け取りました。

チャーミーのハートに矢が刺さっています。
チャーミーは食べる事しか考えていませんでしたが、どんどん乙女に成長しています。

第2回戦、第一試合
ザクス、ミモザ、アスタ vs キルシュ、ソル、マグナ

ロイヤルナイツのステージが魔法によって変更された際に、ザクスが一瞬動揺しました。

その事に気付いたアスタは
「他にも罠を仕掛けているな」

ザクスは、アスタが『気』を使う事ができると思い出しました。
「昨日、ステージの至るところに罠を仕掛けた」

ロイヤルナイツの情報は機密事項ですが、その情報を集めて場所を特定できたザクスにミモザは「何者」なのかと尋ねます。

アスタ
「昨日仕掛けたのはズルだ」

ザクス
「なんでだよクソバカ 情報戦も実力の内だろーが 前日に罠張ったらダメだなんてルールがあんのか?あ?現に咎められてねーだろが」

そう言って論破されてしまい、アスタは言葉が出ません。

チームで協力するので、自分達に仕掛けた罠の場所を教えるようにとアスタは言いますが、ザクスは敵にもバレる可能性があると言う理由で教えません。

ザクス
「オレはオレのやり方でやらせてもらう…!」

2回戦第一試合の開始です。

開始早々、ミモザの兄キルシュは桜魔法『魔桜の猛花吹雪』で一面を桜の花びらで覆います。

ミモザは打開策を見つけられずにいました。
ザクスも相手が罠魔法にかかるのを待つのが良いと下手に動きません。

アスタ
「やっぱこれしか方法がない」

そう言うと黒い反魔法のエネルギーを解放しました。
アスタは反魔法のエネルギーを台風のように全身に纏って、桜吹雪をかき消します。

「ブラックハリケーン!!!」

アスタは桜を全てかき消す事ができたのですが、ザクスがせっかく仕掛けた罠魔法も全て消してしまいました。

ザクス
「何してくれてんだテメェ…!」

アスタ
「初めて自分の言葉で喋った気がする」
「さあ!!!協力して戦おうぜ!!!」

キルシュは、アスタの黒い塊の戦い方に

「美しくない」と言っています。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがブラッククローバー14巻あらすじ、ネタバレの続きをご紹介します!ここからは、優等生の弟ランギルスvs不出来の兄ファインラルの戦いです。やはりランギルスは強かった…。

ブラッククローバー14巻のネタバレとあらすじ③

優等生の弟ランギルスvs不出来の兄ファインラルの戦いの続きです。

勝負に出ようとするフィンラルに対して、ランギルスは魔導書を開きその禍々しいオーラを見に纏っていました。

「終わりだ。兄さん…!」

アスタは、ランギルスを包む禍々しいオーラに驚きを隠せませんでした。
そして、そのオーラにはフィンラルも気が付いていたのです。
それぐらいランギルスの魔力はとてつもないものを感じさせたのでした。

しかし、フィンラルはそれでもランギルスに対して兄弟である事を再認識していました。
自分達はやはり兄弟なのだと。フィンラルもまた、無数の空間魔法をみに纏ったのです。

「オレがオマエを止める!」

フィンラルとランギルスは互いの空間魔法が激しく衝突します。

そのあまりの激しさに、周囲には凄まじい衝撃波が走りました。
その光景に、魔法帝やアスタ、ユノ達も唖然とするしかありませんでした。

やがて、静寂が戻ってきました。
だが、どれだけ激しく戦ったかは穴だらけとなった魔晶石が物語っていました。
そして、崩れた魔晶石の根元には、傷だらけのフィンラルがその無残な姿を晒していました。

「フィンラル先輩っ」
アスタの叫び声が響きます。

ランギルスは血を流して倒れているフィンラルに近付くと、その姿に自らの勝利を確信しました。高らかに笑い声を上げながらも、その脳裏にはかつての光景が蘇っていたのでした。

「フィンラル坊っちゃまは気さくでお優しいわね~。お友達も多いし」
「ランギルス坊っちゃまは人を馬鹿にしているのが見え透いているというか…ねぇ…」
使用人達の陰口や、美しく優しいフィーネスの姿がありました。
そして、フィンラルの優しい言葉です。

自分に向けられるフィンラルの優しい言葉に、ランギルスの心は苦しめられていました。
フィンラルよりも優れた人間でなければ、父や母に愛されない自分。
ランギルスのそんな歪んだ感情は、現在においても変わる事はありませんでした。

倒れたままのフィンラルに対して、腕を上げました。
「消えろ」

フィンラルがまさにランギルスの手によって消されようとした、まさにその時です。
アスタ、マグナ、ラックがランギルスを取り囲みました。

ノエルが慌ててフィンラルに近寄り、その深い傷に愕然としました。

「フィンラル!大丈夫…!?」
(なんて傷…!!このままじゃ…!!)

マグナがランギルスに言いました。

「それ以上手ぇ出してみやがれ…。」

タックが雷を纏います。
「試合なんてカンケー無しに…ヤるよ?」

「もう勝負は決まっただろ!」

アスタがランギルスを睨みつけました。

ランギルスは引きません。
「…只今大躍進中が知らないけど…黒の暴牛の下っ端共が、金色の夜明けの副団長に一体何を____…」

背後から魔法帝達が現れます。

「仲間に手加減して挑む者は信用出来ないけど…仲間を殺そうとする者は信用以前の問題だね…。」

マルクスが急いでフィンラルの傷に回復魔法を施します。

「私に任せて…!」

アスタはランギルスに言いました。

「…フィンラル先輩は前キテンでオマエに会った後も…
オマエは本当は優しいヤツだし…
自分のせいで家に対してプレッシャーがあって
必要以上にトゲトゲしいんだって心配してたんだぞ…!!

誰よりも優しい…フィンラル先輩こそ本物の魔法騎士だ!!!
オマエなんか…いくら強くたって魔法騎士じゃねぇ…!!!」

アスタは、誰よりも優しいフィンラルこそが本物の魔法騎士だと言いいます。

いかに強くてもランギルスは魔法騎士ではないと言います。

その言葉にランギルスが反応しました。

「何だと…?
ここまで勝ち上がれて図に乗っているのか…
黒の暴牛の新入り風情が随分な口をきくね…!」

「魔法帝、先にコイツらとの試合をさせてください。」
「いや、もう始めよう。」

魔法帝にアスタ達との試合の許可を求めると、その答えを待たずしてその手を振り上げました。ランギルスが空間魔法を繰り出すのですが、アスタの反魔剣がすぐに一刀両断とします。
黒の暴牛と、金色の夜明けがついに激突の瞬間を迎えました。

ブラッククローバー14巻の感想と見どころ

ブラッククローバー14巻の感想と見どころを紹介します。

ユノとノエルの圧勝でしたが、ここまで実力が上がって来ているのですね。ようやく因縁の対決に勝負あり。ノエルはトラウマを抱えていたようですが、それを克服することができたわけですね。これからももっと強くなっていくのでしょう。

第2回戦のザクスの仕掛けた罠魔法はどんなものだったのでしょうか?しかし、その魔法が言えてしまったザクスはアスタと協力して戦う事ができるのでしょうか?

そしてこの偽ザクスの正体が明らかになります。

後半はランギルスvsアスタの試合になりそうですね。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがブラッククローバー14巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介してきました。ここでご紹介しきれなかったストーリーの続きは無料ダウンロードできるおすすめのサイトからどうぞ!

ブラッククローバー14巻で読む方法

ブラッククローバー14巻を無料で見るには?

 

ブラッククローバー14巻が無料でダウンロードできるのは「U-NEXT」です!

気になったらクリック↓↓
⇒ブラッククローバー14巻を無料で読む

好きなだけ漫画が読めるサービス

お試し無料の【U-NEXT】がオススメです。

①最初の31日間はタダでコミックが読み放題!
②スマホ・PC・TVでも見れちゃうのでとっても便利!
③登録・解約もとっても簡単!

ブラッククローバー14巻を漫画村やzipで見ると何が危険なの?

電子書籍が無料でダウンロードして見られると書いてあるサイトは多いのですが危険なことが多いので違法ダウンロードはやめておくことをおすすめします。

・違法ダウンロードは犯罪です×
・途中までしか読めなかったりすることも多い×
・zip形式でダウンロードするとウィルス感染の危険性がある×
・クリックすると海外サイトにとんでしまうこともあってここでもウィルス感染の危険は非常に高いです×
・高額料金が発生する×

上記の様に、危険なリスクをおかして無料で読むよりも”安心”で”安全”に、しかも”無料”でダウンロードできるなら、使わないのはもったいないですね。

ブラッククローバー14巻を無料で見られるのはU-NEXT!!

 

U-NEXT

U-NEXT

 

おすすめなのは【U-NEXT】は大手U-SENがが経営する大手です。動画配信サイトとして有名ですが実は電子書籍もたくさん見ることができてしまうおすすめサイトです。

さて、漫画でも読もう!と思った時にこんな経験はないですか?

・着替えて出かけるのも面倒くさい
・今すぐ読みたいのに、本屋が開いてる時間ではなかった
・お金を出したくない
・やっぱり、違法ダウンロードはしたくない
・自分のPCがウィルス感染などのリスクは避けたい

そんな悩みは全て解決できますよ。

U-NEXTに無料登録するとすぐに600円分のポイントがもらえます。

このポイントはコミックの購入に使うことができるので、ブラッククローバー14巻を実質無料
で読むことができてしまいます。

31日間は無料で、サイト内のサービスを思う存分楽しむことができます。

人気の無料漫画も多数用意されているので、漫画好きにはぴったりです。

私はこんな使い方をしています。

まず、無料登録をするとすぐに新刊が1~2冊は読めますので、1番に読みたかった漫画を1冊ダウンロード。その後も残ったポイントで今月の新刊の人気作を探してみます。それ以外にも前から読んでみたかったけどなかなか機会がなかった”無料漫画”を月代わりで読みます。

ここで、裏技!

月の途中で無料登録すると、2ヶ月分の無料漫画が読み放題となってしまいます!これは、はっきりいって凄すぎます。登録をしておいて、次の新刊の発行を待つのもその間に楽しみがあるので無料期間で思う存分サイト内のサービスを使い倒せてしまうわけです。

勿論、漫画だけでは無く映画、海外ドラマをはじめとした動画も無料なのでそちらもたっぷり見放題です!

しかも、

無料ダウンロードした漫画は試し読みではありません。1冊丸ごと読めるところも魅力の1つ。さすが大手サイトならではの綺麗な画像で、PCにもスマホにも対応しているので通勤途中でも、休憩時間でもいつでも好きな時に好きなところでストレス無く読めます。

そして、ウィルスの心配がないところも安心ですね。

無料お試し31日間で、新作から旧作まで全部読めてしまうのが今回ご紹介するU-NEXTです。

無料登録は簡単1分で完了です。
もちろん解約も簡単にできてしまいます。

簡単登録・安心安全の【U-NEXT】公式サイトからどうぞ!

ダウンロードはたったの1分で完了です!

ブラッククローバー14巻を無料で見る方法はこちら!

気になったらクリック↓↓

⇒ブラッククローバー14巻無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA