ハンターハンター35巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法

ハンターハンター35巻

ハンターハンター35巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法について書きました。

ハンターハンター35巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法です。サイールドは奇声をあげながら包丁を持ってクラピカに向かってきます!ハンターハンター35巻のあらすじです。ネタバレに注意してください。無料で安全にダウンロードできるおすすめの方法をご紹介しますので情報は必ずゲットしてくださいね!

ハンターハンター35巻が無料ダウンロードできます!
気になったらクリック↓↓
⇒ハンターハンター35巻を無料で読む

[voice icon=”http://macaronilife.com/wp/wp-content/uploads/2017/07/hh.png” name=”ヒロキ” type=”l big icon_red”]漫画が大好きな僕管理人ヒロキがハンターハンター35巻のあらすじネタバレのご紹介します。[/voice]

ハンターハンター35巻のネタバレとあらすじ①

ハンターハンター35巻のネタバレとあらすじを紹介します。

サイールドは奇声をあげながら包丁を持ってクラピカに向かってきます。そして包丁を突きつけますが、クラピカは包丁を避けて『導く指輪の鎖(ダウジングチェーン)』をサイールドの右腕に絡みつかせます。

そして、クラピカはサイールドを地面に叩きつけました。

サイールドは何が起こったのか一瞬わからなかったのか、あっけにとられています。

クラピカ
「ビル、さっき話した3つの方法…継承戦からの離脱にこいつは必要か?」
ビル
「…必要だったのはカートンの方だ…具現化系で最大5人乗せる事が可能な船か車に変身できた
ジョイント型で他人のオーラが必要だったが…」

クラピカ
「お前の系統と能力は?」
サイールド
「ヒマだったから…頼まれたから…」
ビル
「彼の了解を得ずに俺が勝手に彼の脳直を教えるわけには…」
クラピカ
「この危機的状況を早急に解決するため必要な確認だ!王と王妃の安全が最優先だという言葉は偽りか?」
ビル
「サイールドは放出系能力者だが…使う能力は操作系だな…念をボール状に飛ばし捕えた虫を操るっていう」
クラピカ
「なるほど使えるかもしれない」

クラピカは人差し指の鎖を具現化しました。鎖の先端には注射器、そして注射器にはいるかと十字架のマークが入っています。

ハンターハンター35巻のネタバレとあらすじ②

修行時代のクラピカは夜の森で焚き木をしています。日を囲いながらイズナビと話をしています。

イズナビ
「1つは残しておけ」
クラピカ
「残す?なぜだ?」
イズナビ
「様々な能力を指ごとに使い分ける鎖のアイディアには基本賛成だが…どうもお前はその鎖を一人で戦い抜くためだけに使いそうな気がする」
クラピカ
「…何が悪い?」
イズナビ
「念の戦争は相手が複数ならこっちも複数が大原則だ それ程に能力の相性やコンビでの攻撃は個人の力を凌駕しやすい 戦ってみれば分かる…と言いたいとこだが それだと手遅れだからこうして忠告している訳だ」
クラピカ
「…」
イズナビ
「ま、お前は納得しないよな」
「だから折衷案だ 実際に戦って見て何が足りないかを実感したらそれを補う能力を加える事を勧める 目的を誤るなよ?お前は自分の気が済む様にやれば失敗しても満足ってタマじゃない 目的達成の為にならあらゆるものを二の次にしたい類の人間だろ?A級首の集団と戦争する気なら私情を捨てて仲間を募れ」

クラピカ
「…仲間と言いながら都合のいい捨て駒を集めろという事か?」
イズナビ
「…そうはならないさ それも仲間と共に闘えば分かる」

クラピカ
(確かに…お前のいう通りだったよ シンプルに事が進む程簡単ではなかった だが…!それでも…!だからこそ…!!
一人で戦い抜く力が欲しい!!なのに…現実は単純じゃ)

クラピカの脳裏にはヨークシンでのゴン、キルア、レオリオ、ブワル王子のすがらが浮かんでいました。

クラピカ
「『奪う人差指の鎖』!!(スチールチェーン)」

サイールドの胸に注射器が刺さります。そして注射器の中身が体内に注入されていきます。すると同時にオーラがサイールドからクラピカへと流れていきました。

ビル
「な、一体何を…!?」
クラピカ
「一時的にだがサイールドの念能力を預かる こうして注射器でオーラを吸い続けると”絶”と同じ状態にもできる”念獣”が宿主のオーラを必要とする寄生型ならば その念獣がサイールドに憑けているモノも寄生型かも知れない」

ビル
「!?…もし!出て行かなかったら!絶状態で悪意ある念にさらされ続けたらサイールドの心身はすぐに壊れるぞ!」
クラピカ
「王妃と王子の安全が最優先…!その危惧が現実になったらその情報を基に次の対策を立てられるだろう?もしこの後、私がやられたらそれを君が考えるんだぞ?ビル…!」

そう言われたビルは何も言えません。

クラピカ
「無論、君が別の念獣位やられたら 私は新たな情報を得る為に同じ事をする」

その時どこかから音がします。

念獣
「ギギ?」

熊の顔をした蜘蛛の様なぬいぐるみがサイールドの耳からでてきました。
クラピカの目が緋色に染まり、ぬいぐるみは逃げ出します。

クラピカ
(人差し指のエンペラータイム!!)

するとイルカの模様が注射器からでてきました。胸びれの先に注射器がついています。
蜘蛛は通気口へ逃げていきますが、クラピカはそれを目で追っています。

クラピカ
「奪った能力をセット!」
イルカ
「セット完了!解析します!奪った能力名『裏窓(リトルアイ)』実際の小動物をボール型の念で捕まえそれを操る能力
ただし念で具現化された生き物はその範疇に含まれません」

クラピカ
(的の能力を逆操作するものではなかったか…)

蜘蛛は排気口へ逃げ込んでいきました。

クラピカ
(今の念獣…”ヒマ”というキーワードをきっかけに人を操るの力か…!?しかし…”念獣の声が聞こえる事”が発動の条件なら
王子達をはじめ能力者でない者には効かない能力…!?)

イルカ
「リトルアイの対象となる小動物を探してください!能力を発動し、ワタシが解除しない限りはエンペラータイムは強制的に続きます!エンペラータイムが発動している間は…」

クラピカ
「わかってる しばらく待機だ」
イルカ
「了解」
クラピカ
「ビル、もう大丈夫だと思うがサイールドを椅子に拘束してくれ」

サイールドは拘束されているものの、正気に戻っていました。

サイールド
「その…でかいヌイグルミみたいな奴と話した後に その…小さなヤツがまとわりついて ずっと俺に聞くんだヒマか?って…」

そしてサイールドが消えろと何度言っても聞かないと言います。そして突然体を自由に動かす事が出来なくなったのでした。
サイールドは今まで自分の身に起きた出来事を話し始めました。

カキン軍が訪れ死体を運ぶと、殺害犯の引き渡しも要求しました。

カキン軍
「殺害犯は?カキン軍が拘束聴取するのでお引き渡し願う」

サイールドが自分の能力について尋ねると、クラピカが注射器を取り出しまだ中にあると告げました。

そして、一度使えば能力は本人に戻ると教えれば、サイールドは自身の能力について更に詳しく教えてくれました。

サイールドの能力で操れるのは最大でもハムスター程度の生き物である事。そして、操った生き物が見聞きした情報は離れていても入手出来るという事。ただ、操った生き物によっては天敵にやられたり、殺虫剤などにより死ぬ可能性もあるという事を説明しました。上手く能力を使ってくれと言い残して、サイールドはカキン軍によって連行されて行きました。

そして、サイールドが連行されるのと入れ替わるように、二人の女中がクラピカの元へと訪れました。
彼女達は、もうこれ以上は耐えられない。軍に拘束でも、追放でも良いからやめさせて欲しいと告げました。

クラピカはこの場に残されたのが自分とビル、そしてこの二人の女中であるという事を改めて思い知りました。

出航してからわずか二時間だというのに、十一人いた護衛がたったの二人になってしまったという事に驚きます。

クラピカはビルに、カートンがいなくても残り二つの方法が可能なのかと尋ねます。
ビルの答えによれば、一つはパリストンの協力が必要で難易度が高いと、そしてもう一つはビヨンドの協力が必要でもっと難易度が高い事を伝えました。

その頃。

王子居住区エリア12区では、護衛がモモゼの護衛をしなくても良いのかと戸惑っていました。

護衛
「本当に…モモゼ王子の警護はいいのですか?」

セヴァンチ(モモゼの母)
「しつこいわね!警護兵が6人もいれば十分よ!」

その事にモモゼの母であるセヴァンチが一喝しました。そして、マラヤームの頭にそっと手を乗せます。
今は怖がるマラヤームの護衛をするのが重要だと言います。

ハンゾー
(いいのか?本人に聞こえてるぞ?)

護衛
「しかし我々はモモゼ王子との契約で…」
セヴァンチ
「いいのよ!マー君のためにワタシが契約したの!ちゃんとお金は払うわ」
従者
「私共も…移動してよろしいのですが?」

そして、モモゼに向かって自分の世話は出来るかと尋ねる。モモゼはそんなセヴァンチに対して穏やかな表情を向けるのでした。
「心配いりませんわ」

モモゼはセヴァンチとマラヤームを気遣っていました。王の器ではない者の怯えを感じているのです。椅子に深く腰掛け編み物をするその背後には、巨大なぬいぐるみ型の念獣が寄り添っています。

モモゼ
(お母様、マラヤームお可哀想に 王の器でない者はあんなにも怯えふためくのですね)
(何故かしら?何もしてないのに今日は疲れたわ)

そして、パーティ会場では第九王子であるハルケンブルグがVIPと談笑しています。

そんな彼の元に執事が近づいてきました。
執事
「ハルケンブルグ様 御退席の御時間です」
ハルケンブルグ
「ん、それでは失礼いたします」
VIP
「次の晩餐会も楽しみにしているよ」

退席の時間を教えられたハルケンブルグはVIPに挨拶をすると、出口とは反対方向へと歩き出しました。
慌てる執事に対して、ハルケンブルグは父に会いに行くと告げると、歩を緩める事はしませんでした。

ホイコーローはハルケンブルグの視線に気づいてVIPを横にやりました。

ホイコーロー
「すまんが息子が秘密の相談らしいホイ」
VIP
「それでは又、改ました投資の相談を…」
ホイコーロー
「そうしたホイな?」

ハルケンブルグはホイコーロに対して、自らの想いを口にします。
「僕は継承戦を辞退するよ」

そう告げるハルケンブルグの背後には、単眼の鬼の姿をした念獣がその姿を現していました。

ハルケンブルグ
「セレモニーに参加したのは父の顔を立てる為…血塗られた王位などいらない」
ホイコーロー
「ホッホッホ好きにするといいホイな」

ホイコーロは、ハルケンブルグに対して好きにすれば良いとだけ告げるのでした。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがハンターハンター35巻あらすじ、ネタバレの続きをご紹介します!寄生型は様々な思念が渦巻いてややこしいと説明がありました。

ハンターハンター35巻のネタバレとあらすじ③

ビルがクラピカに寄生型の説明をしています。

寄生型は行動が読めないと言います。誰かの思念が残っていて宿主にくっ付いて具現化したり宿主の思いと残留した思念が絡むとさらにややこしくなると言います。

ナイトは、上から5番目までの王子は自分から身を引くことはないと言います。

第5王子のツベッパから提案されたのは第3王子のツェリードニヒが共に戦うことです。
思念は「静粛すべき」「次の日曜日に」と言って帰って行くものでした。

2人がいなくなったのですが、それぞれの背後には念獣がいます。

ツベッパの背後には巨大なカエルでまるで戦車の様に見えます。
ツェリードニヒの背後は頭が女性で体が馬の念獣がついています。

両方とも攻撃性が高いようです。

セレモニー会場にて、ツベッパがツェリードニヒに共闘を持ちかけています。そしてツェリードニヒは肯定的な態度に見えるそぶりをしていますが心の中では2人の念獣が存在しています。

念獣は操作することはできません。しかも宿主との思いが半々になりとするとハルケンブルグの念獣も人を攻撃する可能性がないとは言えません。それは危険な戦いです。

ホイコーローは守護霊獣のルールを説明します。

未来の王を守る為に必要なものとして霊獣同士の殺し合いは無し、そして霊獣が憑いた人間に対しての直接攻撃は無しとする。
霊獣が直接王子を攻撃することはできないとし、間接的な方法で最後の一人になる必要があるというものです。

ツェリードニヒの警備2人が説明について考えています。

王子の念の容量を地味に削っていくなどの地道な抵抗をするしかないと提案しています。王子が誰かに指示してもいいのですが教育も含めて念能力を指導できるのはデータのみだといいます。

サリコフとテータの2人が王子の元へ向かおうとしましたが、念獣に操られた為、一瞬のうちに記憶をなくしてしまいました。

第7王子ルズールスも能力を手にする事で様々な力を発揮できる事を知りました。
第6王女のタイソンは自分についているのは天使だと考えている様ですが、実際は爬虫類でしょう。
第8王子サレサレについている念獣は口が大量についています。

ハルケンブルグは護衛達全員が眠ってしまっている状態のため、警護してくれる人間が存在しません。

継承戦が本格的に開始されました。それによって死亡する人間が出始めてきました。
そして、テータは見つめられると一瞬で操作されてしまうのでした。

ツェリードニヒは完全に線のされてしまいましたが、それによってツェリードニヒが念能力を取得する事が確定しました。

ハンターハンター35巻の感想と見どころ

ハンターハンター35巻の感想と見どころを紹介します。

ハンブルグは介護に巨大な鬼の姿をすた念獣を構えて「継承戦を辞退する」していました。どんな考えを持ってその様に答えているのか気になるところですが。「血塗られた王位など意味ない」とも発言しているところからすると、善の考えを持っているのかもしれませんね。

そしてツェリードニヒが手に入れた念能力を使いこなす事ができるとすれば意識的、無意識的にもかなり強い能力を使いこなすことになりそうですね。多くの犠牲者が出てしまうかもしれません。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがハンターハンター35巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介してきました。ここでご紹介しきれなかったストーリーの続きは無料ダウンロードできるおすすめのサイトからどうぞ!

ハンターハンター35巻で読む方法

ハンターハンター35巻を無料で見るには?

 

ハンターハンター35巻が無料でダウンロードできるのは「U-NEXT」です!

気になったらクリック↓↓
⇒ハンターハンター35巻を無料で読む

好きなだけ漫画が読めるサービス

お試し無料の【U-NEXT】がオススメです。

①最初の31日間はタダでコミックが読み放題!
②スマホ・PC・TVでも見れちゃうのでとっても便利!
③登録・解約もとっても簡単!

ハンターハンター35巻を漫画村やzipで見ると何が危険なの?

電子書籍が無料でダウンロードして見られると書いてあるサイトは多いのですが危険なことが多いので違法ダウンロードはやめておくことをおすすめします。

・違法ダウンロードは犯罪です×
・途中までしか読めなかったりすることも多い×
・zip形式でダウンロードするとウィルス感染の危険性がある×
・クリックすると海外サイトにとんでしまうこともあってここでもウィルス感染の危険は非常に高いです×
・高額料金が発生する×

上記の様に、危険なリスクをおかして無料で読むよりも”安心”で”安全”に、しかも”無料”でダウンロードできるなら、使わないのはもったいないですね。

ハンターハンター35巻を無料で見られるのはU-NEXT!!

 

U-NEXT

U-NEXT

 

おすすめなのは【U-NEXT】は大手U-SENがが経営する大手です。動画配信サイトとして有名ですが実は電子書籍もたくさん見ることができてしまうおすすめサイトです。

さて、漫画でも読もう!と思った時にこんな経験はないですか?

・着替えて出かけるのも面倒くさい
・今すぐ読みたいのに、本屋が開いてる時間ではなかった
・お金を出したくない
・やっぱり、違法ダウンロードはしたくない
・自分のPCがウィルス感染などのリスクは避けたい

そんな悩みは全て解決できますよ。

U-NEXTに無料登録するとすぐに600円分のポイントがもらえます。

このポイントはコミックの購入に使うことができるので、ハンターハンター35巻を実質無料
で読むことができてしまいます。

31日間は無料で、サイト内のサービスを思う存分楽しむことができます。

人気の無料漫画も多数用意されているので、漫画好きにはぴったりです。

私はこんな使い方をしています。

まず、無料登録をするとすぐに新刊が1~2冊は読めますので、1番に読みたかった漫画を1冊ダウンロード。その後も残ったポイントで今月の新刊の人気作を探してみます。それ以外にも前から読んでみたかったけどなかなか機会がなかった”無料漫画”を月代わりで読みます。

ここで、裏技!

月の途中で無料登録すると、2ヶ月分の無料漫画が読み放題となってしまいます!これは、はっきりいって凄すぎます。登録をしておいて、次の新刊の発行を待つのもその間に楽しみがあるので無料期間で思う存分サイト内のサービスを使い倒せてしまうわけです。

勿論、漫画だけでは無く映画、海外ドラマをはじめとした動画も無料なのでそちらもたっぷり見放題です!

しかも、

無料ダウンロードした漫画は試し読みではありません。1冊丸ごと読めるところも魅力の1つ。さすが大手サイトならではの綺麗な画像で、PCにもスマホにも対応しているので通勤途中でも、休憩時間でもいつでも好きな時に好きなところでストレス無く読めます。

そして、ウィルスの心配がないところも安心ですね。

無料お試し31日間で、新作から旧作まで全部読めてしまうのが今回ご紹介するU-NEXTです。

無料登録は簡単1分で完了です。
もちろん解約も簡単にできてしまいます。

簡単登録・安心安全の【U-NEXT】公式サイトからどうぞ!

ダウンロードはたったの1分で完了です!

ハンターハンター35巻を無料で見る方法はこちら!

気になったらクリック↓↓

⇒ハンターハンター35巻無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA