ハンター×ハンター34巻あらすじネタバレと無料で読む方法

ハンターxハンター34巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法です。天空闘技場でのヒソカとクロロの死闘どうなるか気になりますね〜。念能力勝負クロロが圧倒的な貫禄を見せてくれました。ハンターxハンター34巻のあらすじとネタバレとお得な無料で読める方法もご紹介します。

ハンター×ハンター34巻を無料で見る方法を記事に書きました!

気になったらクリック↓↓

⇒ハンター×ハンター34巻を無料で見られる記事を見る

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキがあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

ハンター×ハンター34巻あらすじネタバレ①ハンター×ハンター34巻って何?

ハンター×ハンター34巻のあらすじネタバレを紹介します。34巻のあらすじを一言で言うとヒソカとクロロの超人気2大キャラの最強のクラスの戦いという事になります。

クロロと戦いたくて幻影旅団に入るも戦う機会がなかなかなくて、やっとヒソカとクロロが二人きりになれるチャンスが訪れて戦えるか?!と思ったら、クラピカによってクロロの念能力が封じられてしまいました。

そして除念師を探すためにグリードアイランドに行き、念願叶い除念紙を探し出してクロロの除念にやっと成功したのですが、長らくヒソカと幻影旅団の出番がなくて、ようやく34巻で対決が実現しましたね。

いよいよ天空闘技場でヒソカとクロロの死闘が開始します!!新能力を披露しつつ、ヒソカを追い詰めるクロロです。極限の闘いで勝つのはどっちなのでしょうか?

ヒソカとクロロの直接対決が遂に天空闘技場にて実現しました。しかも200階のフロアマスター同士の対決です。ヒソカはクロロが天空闘技場にエントリーしてフロアマスターになるのを待っていたということになりますね。

ヒソカはクロロの「どちらかが死ぬまでやろう」という言葉を快諾します。このデスマッチにより会場のボルテージもマックスに上昇します。あらゆる武器の使用が認められる条件の中、最強クラスの2人の戦いが始まります。

更に、ヒソカとクロロはもっとも人気の高い二人ですね。かなり複雑なパズルのような頭脳戦&念力戦です。クロロは念能力を盗むことができますが、ヒソカ戦で使用した能力は5つです。順にご紹介していきます。

ハンター×ハンター34巻あらすじネタバレ②

まず、ヒソカはお馴染みの「バンジーガム(伸縮自在の愛)」を使って戦います。それに対してクロロ「スキルハンター(盗賊の極意)」で盗んだ念能力を駆使してヒソカに挑みますがこれはクロロ自身の念能力ですね。ご存じスキルハンター(盗賊の極意)は特定の条件を満たせば念能力を盗むことができる能力です。念により具現化された本に相手の念能力のページが足されそのページを開いているとするとその間は、盗んだ相手の念能力を使用できるというものです。

デメリットとして、盗んだ念能力を使用するためには本を常に持っていなくてはならないために片手が塞がってしまうことでしたが、除念により復活したクロロは自身の念能力を改良する事に成功していました。

それが栞のテーマダブルフェイスです。具現化された栞を本に挟むことで栞を挟んだページの念能力を本を閉じた状態でも使えるという、それにより今回のクロロは盗賊の極意スキルハンター使用中でも両手が使えるわけですね。

さらに栞を挟んで別のページを開くと栞を挟んでいるページの念能力と開いているページの能力を両方使うことができるという最強の能力です。クロロは幻影旅団メンバーの能力を奪っていたようですね。クラピカにより念能力を封じられていたクロロ。除念後、流星街や団員などから能力集めをしていたようです。

ハンター×ハンター34巻あらすじネタバレ③

今回の戦いで使用した能力の詳細について書いていきます。

・ブラックボイス(携帯する他人の運命)を使います。携帯電話とアンテナを使う能力で、対象者にアンテナを差すと携帯電話を使って操りコントロールすることができるという能力です。そしてアンテナは2本で同時に2人の操作できるというわけです。

・サンアンドムーン(番い(つがい)の破壊者)とは、プラス(太陽)とマイナス(月)の刻印を押して、互いの刻印が触れ合うと爆発するという能力です。例えば、左手で太陽の刻印を押し右手で月の刻印を押します。そして互いの刻印が触れ合うと爆発するというわけですね。

・オーダースタンプ(人間の証明)は人形を操ることができる能力です。この能力は複雑な操作はできなくて、命令は出せないけれども同時に操作できてしまう人数が多いというメリットがあります。

人形にスタンプを押すことで、それを自由に操る能力です。なので、もう既に魂の抜けた死骸であっても「神の左手悪魔の右手」でコピーした体だったら、「人形」とみなして操ることができるというわけですね。

・ギャラリーフェイク(神の左手悪魔の右手)は左手で触れたものを右手で複製して、具現化させることができる能力です。タイムリミットがあり、24時間経つと消えてしまいます。
今回はクロロが、円形闘技場のレフェリーを武器代わりに操って、その死体を複製して人形として操っています。なんとも非情な技を展開するのに使っていますね。

・コンバートハンズ(転校生)は右手で触れると相手が自分の姿になるというものです。左手で触れると自分が相手の姿になり、そして両手で触れると姿が入れ替わるといった能力です。

「右手で触れると相手がオレの姿になり左手で触れるとオレが相手の姿になる」
「両手で触れれば一瞬にして姿が入れ替わる」

自分の(影武者)を作って他の人の姿になり、見分けがつかなくなるという技ですね。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

ハンター×ハンター34巻ネタバレ④

二人の非情な戦い方が始まります。レフェリーが「ファイト!」って最初の掛け声だした瞬間に、クロロが携帯電話のアンテナを突き刺されて、これで意識をのっとられ、ヒソカへと突撃する鉄砲玉にされてしまいます。確かにレフェリは「武器はなんでも使ってよい」とはいっていましたが、のっけから激しすぎる攻防戦が繰り返される事となりましたね。

バトルがスタートするとクロロは能力を発動させます。シャルナークのアンテナを審判に刺して味方2に対して敵1でヒソカに戦いを挑んでいきます。さらに新たな能力、サンアンドムーンと栞のテーマの発動です。今回はこのブルフェイステーマが加わったお陰で両手が使えます。

そして二人とも、おおいに一般観客を巻き込んでいます。巻き込むどころか・・・勝手に操ってたくさん死なせてしまっていますが。

クロロはバトル中にコルトピの能力を発動させます。コンバートハンズも発動し、それに加えて更に新たな能力サンアンドムーンを発動させます。爆発を繰り返しながら戦いは観客席にまで及び、観客を巻き込んで2人のバトルは続きます。

クロロは観客にアンテナを指し、ヒソカと戦います。もはやヒソカvsクロロ+観客数十人が加わってます。クロロは観客から逃げていたのですが
その死角を狙ってクロロの一撃です!! ヒソカはクロロの一撃に絶頂!今度はヒソカの攻撃の番です。バンジーガムを使って観客の首をヨーヨーのように使って反撃です。でも、ヒソカは徐々にクロロ追い込まれていきます。

円形闘技場の観客が闘いに巻き込まれて、逃げ惑うという事態になってしまいますが、これはおなじみの光景とも言えますね。

ヒソカの奇襲によってバンジーガムで引き寄せた頭部がクロロに直撃して吐血しています。クロロは人形の影に身を隠して体勢を立て直します。状況を分析しながら、ヒソカはクロロに詰め寄ります。その後、ヒソカがクロロを捕らえますが、ヒソカがとらえたのはクロロの姿をした別人でした。驚いたヒソカでしたが、考察するとすぐにクロロの真の狙いに気付きます。

クロロが合図を送ると、コピー人形が大量にヒソカに襲い掛かります。ヒソカが本気モードになります。ヒソカは次々襲いかかる人形を払いながらもここでは防戦に徹するほかはありません。クロロは裏に潜みながら何か指示を出しています。クロロが「今だ」と合図を送ると、ヒソカが武器として使っていた頭部が爆発します。それによって、左手の指が吹き飛んでしまいます。

ヒソカは左手の指が吹き飛んだことよりもなぜ爆発したのかと理由を探ります。そんな中、ヒソカは自身の戦局が不利な事に気づいています。その後も人形達は容赦無く向かってきます。そしてヒソカは人形に追い詰められ右足を失ってしまいます。押し寄せる大量の人形に体を丸めながら、そしてヒソカは笑みを浮かべながら負ける=最後を考えていました。

ハンター×ハンター34巻感想と見どころ

ハンター×ハンター34巻の感想と見どころを紹介します。

ヒソカは、クロロの策略にはまり、最後は闘技場の床に落下してしまいます。ヒソカを破壊しようと、操られた人間のコピー達が凄い勢いでそこにのしかかります。更に、クロロが仕掛けていた爆弾がさく裂して、床もろとも、吹き飛ばされてしまいます。ところが、最後の瞬間、「どうせ死ぬなら・・・」と、ヒソカは何か仕掛けていたのでした。

勝負はヒソカの「死」で決着します。

マチのところに、爆風でゾンビのように損傷してボロボロになった体が運ばれてきますが、それは完全に息絶えています。傷口を縫ってあげようとするマチでした。ところがその時、息絶えていたはずの、ヒソカのオーラが動き出します!そう、あの時、クロロに倒される最後の瞬間、ヒソカは「死後も残る念」を信じて、自分の心臓と肺を強く握れ!という念を発して息絶えたのでした。

その最後の瞬間の強い念がヒソカの死骸に残留していて、マチのところに運ばれた後オーラが動き出し、自分の肺と心臓を強く握りしめたのです。これが効果を及ぼしたのか、ヒソカはいきなり立ち上がります。ヒソカは復活しました。傷ついた顔や首にも、みずからゴムで元の顔体にそっくりな外見を作り出すのでした。

クロロが語っていますが確実に勝てる条件が揃うまで待つことが必勝法だそうです。今回のバトルは盤石の状態のクロロにヒソカが挑むという展開でした。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

ハンター×ハンター34巻を無料で読む方法

ハンター×ハンター34巻を無料で見る方法を書いた記事があります!!

気になったらクリック↓↓
⇒ハンター×ハンター34巻を無料で見られる記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA