進撃の巨人23巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法

進撃の巨人23巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法について書いています。海の向こう側ではマーレ軍と中東連合の戦争が繰り広げられています。その戦争は4年間にもわたるものでした。スラバ要塞での戦闘が続いています。進撃の巨人23巻のあらすじとネタバレについて、管理人の簡単な感想も含めて紹介しています。気になる続きは無料で読む方法から情報を入手してください。

進撃の巨人23巻を無料で見る方法を記事に書きました!

気になったらクリック↓↓

⇒進撃の巨人23巻を無料で見られる記事を見る

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキが進撃の巨人23巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

進撃の巨人23巻のあらすじネタバレ①

進撃の巨人23巻のあらすじネタバレを紹介します。

海の向こう側____。 

そこではマーレ軍と中東連合の戦争が繰り広げられています。「スラバ要塞」が舞台になっていて、中東連合の開発した武器によってマーレ軍が苦戦を強いられています。マーレ軍が女型と超巨大型の巨人を失ったことで、軍力が低下したとして、4年にも及ぶ戦争が始まっていました。この戦争が始まったきっかけは、パラディ島を攻めたライベルアニとジークが返り討ちに合い、弱体化したとされて中東連合との戦争が始まったとされています。

マーレ軍のマガト隊長がエルディア人も率いており、今回のスラバ要塞を貶す作戦には戦士候補生も参加していました。それは、9つの巨人お力を引き継ぐ、次の戦士を見極めるためでした。

戦士候補生の中には獣の巨人の時期継承予定者コルト、鎧の巨人の継承候補であるファルコ、ガビ、ウド、ゾフィアが登場します。その中のガビと呼ばれる少女は自分を優秀で可愛い戦士候補であると自画自賛していますが、実際にも他の戦士候補生からも認められているようです。

ガビは言います。

「エルディア人の運命を背負い私達を苦しめるあの島の悪魔共を皆殺しにする覚悟だ」
「そしてこの世界に残るのは善良なエルディア人だけだと この戦いに勝って証明する」
「私は負けない 私が収容区からみんなを解放する」

マーレ軍は敵の路線を破壊しようと試みています。しかし敵は塹壕を築いて機関銃も配置していました。背後にある要塞からの支援砲撃、装甲列車も走っています。

エルディア人戦士であるコルトは「顎」と「車力」の巨人を出すように進言しますが、マガト隊長は対巨人砲を壊さなければ危険すぎると納得しません。戦士候補生のガビは軍服を脱ぎ、右足首にダイナメイトを括り付け、敵兵に近づいていきます。敵が彼女を打つのを躊躇した時、線路を走って来た装甲列車に向けてダイナマイトを投げました。ガビは一人で装甲列車を線路から落として、無効化することに成功しました。

ファルコはガビを銃弾から守るために身を投げ出しましたが、その時に現れたのは顎の巨人でした。顎は圧倒的破壊力で敵を倒しました。
 

進撃の巨人23巻のあらすじネタバレ②

スラバ要塞の上を飛んでいるマーレの飛行船の中____。

マーレ兵士が地上と連絡を取っています。

「装甲列車の沈黙を確認」
「装甲列車の沈黙を確認、されと固定の対巨人野戦砲は要塞内にごまんと待ち構えているものと心得よ」

「これより降下作戦を開始する」
「くれぐれも作戦通り」

飛行船の中には大勢のエルディア人が見えます。

マーレ兵「獣が矛となり、鎧が盾となるのだ」

ジークとライナーはマーレ兵から作戦を指示されます。ジーク、ライナー、エルディア人たちが乗る飛行船はスラバ要塞上空を目指しています。スラバ要塞では地上戦が繰り広げられています。マーレサイドの大勢のエルディア人歩兵が一斉に鉄砲を持って中東連合へ突撃しています。

エルディア人歩兵「おおおおおおおお」
中東連合兵士「ああああああ」

そこへ、ガリアード顎巨人が登場です。硬化した爪で中東連合兵士を襲って、顎でバクッと線路に噛みつき、対巨人砲が通る路線をバキバキと破壊しています。

対する中東連合は機関銃や爆撃で対抗します。トーチからエルディア人歩兵を撃ちまくっています。そこへ、4足歩行型巨人が近づいて来ます。武装した四足歩行型の巨人がトーチカにいる敵に砲撃を与えます。

進撃の巨人23巻のあらすじネタバレ③

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキが進撃の巨人23巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

場面は変わって___

ガビ「何してんのファルコ?」
ファルコ「見りゃわかるだろ!?彼はもう先頭能力のない捕虜だ!!」「止血が間に合えばだがな」

先頭による怪我により出血多量な敵兵の中東連合兵を助けるためにファルコは捕虜を穴に引きずり落としています。

マーレ兵「いてぇなクソ・・・なんでマーレの俺が撃たれるんだ・・・最前線はエルディア人の役目なのに・・・!」

怪我をしたマーレ兵がぼやいている横で、ファルコは敵兵おw助けようとしています。

ファルコ「ウド!止血帯をくれ!」
ウド「はい」
マーレ兵「ガキめ・・・敵なんかほっとけよ」
ガビ「・・・それがあんたの売り所ってわけ?国際法を遵守して私に覆いかぶされば鎧を継承できると思った?ちっとも役にたってないんだけど」

必死にマーレ兵の止血をしながらファルコは言います。

ファルコ「知るかよ」
ガビ「嫌なヤツ」

ファルコが手当てしていた中東連合兵が何かを行って言います。ファルコには何を言っているのかがわかりません。

ファルコ「ん?何か言ってる」「訳してくれ ウド 彼に出血は収まっているから安心しろって」
ウド「触るな、穢れる、悪魔、だとさ」

隣では、ガビが未表情でエルディア人の腕章をつけています。

マーレ兵が大笑いしています。
「ぷっ、だははははは」

マガト隊長とコルトは塹壕で会話をしています。

マガト隊長「お前はこれをどう見る?」
コルト「敵前戦の打撃は十分と見ます、戦士隊は前線から撤退し敵の退路を確実に塞ぐべきかと」「後は・・・空挺部隊次第です」
マガト隊長「その通りだ」

「撤退だ!! 急げ!! 要塞から離れろ!!巻き込まれるぞ!!」

ガビ「始まった・・・」

エルディア人たちはスラバ要塞上空を飛ぶ飛行船からパラシュートで落下します。飛行船の中ではロープで拘束されているエルディア人がフックで吊るされて自動的に次々と下へ落とされています。

そんな中、ライナーは刃物を持って無数のパラシュートを見ながら立っています。

ジーク「おほん」スウウウウっと息を吸い込んで「ウオオオオオオオ」と思いっきり吠えました。

ジークが叫ぶとエルディア人たちはビクッと反応し発光すると、空中で一気に巨人化してスラバ要塞に向かって落ちていきます。ゾフィア、ガビ、ファルコ、コルトはその悲惨な光景を見守っていますが、ウドは目をつむって下を向いています。中東連合の兵士たちはその様子を唖然と見守っています。

スラバ要塞に次々と落ちてくる巨人は砂煙の中から現れ立ち上がると、中東の兵士を襲います。中東連合の兵士たちは青ざめています。次々と捕食されています。

マレーの兵士「まさしく・・・悪魔だ、俺たちマーレの祖先も・・・ああやって食われたんだな」「お前らエルディア人に」

進撃の巨人23巻のあらすじネタバレ④

そんな中、中東連合はたい巨人方でエルディア人巨人を砲撃しています。ライナーはパラシュートで降下しながら状況を確認して「質量爆弾の威力は十分・・・だが、高度が高すぎた分、6割は落下の衝撃で死んじまった・・・対巨人野戦砲もまだ多く機能している。28・・・29・・・」「位置と数は把握した。・・・しかし・・・また壁かよ」「・・・壁はもううんざりだ」そう言ってライナーは刃物で手を斬りつけて鎧の巨人に化します。そのままドオオオっとスラバ要塞の壁付近へと落下しました。

それを見たガビはつぶやきます。

ガビ「ライナー・・・気をつけて」

中東連合兵は叫びます。「鎧だ!!」「殺せぇ」

鎧の巨人は壁の上に並んでいる対巨人砲を一気にまとめて破壊しています。

ライナー「対巨人砲徹甲弾」「俺の鎧も貫くか・・・」
中東連合「装備完了!! 撃ーーー」

ライナーはピンチですが、ガリアードが登場します。ガリアードが対巨人砲と中東連合兵を握りつぶして破壊しました。

ライナー「ガリアード・・・」
中東連合「売春の末裔共があああああああ」

叫びながらガリアード目掛けて対巨人砲を発射しますが、ガリアードはそれを交わします。鎧の巨人は鉄でできた塔を振り回して対巨人砲を仕留めます。

ジークは上空から様子を伺っています。「もう制圧したのか・・・」「俺たちの敗北が招いた戦争だ、ライナー」

ジークは獣の巨人となって、鎧の巨人の背後にいます。

獣の巨人「戦争って よくないよな」

鎧の巨人と、獣の巨人は背中あわせに着陸しました。獣の巨人は大型の銃弾を拾い上げています。

ウド「あぁ・・・・これで・・・ようやく、戦争が終わる」

ウドたちは、獣の巨人の様子を見ています。大量の弾を艦隊へ向けてぶん投げました。それと同時に中東連合の観戦が要塞にいる獣の巨人に向かって一斉に砲撃します。

ジーク「ええぇ・・・!?」ジークは意外な表京をしています。獣の巨人が投げた球は海に着弾しています。

ライナーは盾になって獣の巨人を守ります。

”連合艦隊の壊滅を受け、中東連合はマーレとの講和條約を締結”
”4年に及んだ戦争はマーレの勝利で集結した”
”だが、世界に巨人の力が全てを支配する時代は終わりつつあることを知られ”
”マーレは一刻も早く「始祖の巨人」を手に入れ必要に迫られた”

獣の巨人の背後で鎧の巨人が蒸気を上げて倒れています。獣の巨人はそれを悔しそうな表情で見ています。

ガビ「そんな・・・」

青ざめた表情のガビとファルコがいました。

進撃の巨人23巻のあらすじネタバレ⑤

進撃の巨人23巻の感想と見どころを紹介します。

マーレと中東連合との戦争です。スラバ要塞での戦闘が続いていました。

マーレの戦士たちの詳細は以下のようになっています。

獣の巨人→ジーク・イェーガー
鎧の巨人→ライナー・ブラウン
顎→ガリアード
車力→ピーク

ライナーは獣の巨人を守って砲撃を食らってしまいました。砲撃は鎧の巨人
の胴体に直撃して左腕が吹っ飛んでしまったのですが、死んでしまったのでしょうか?

マーレは平和条約を結んで中東連合との戦争を終えたので、パラディ島へ向かうことができます。始祖の巨人奪還のためです。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキが進撃の巨人23巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

進撃の巨人23巻を無料で読む方法

進撃の巨人23巻を無料で見る方法を書いた記事があります!!

気になったらクリック↓↓
⇒進撃の巨人23巻を無料で見られる記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA