僕のヒーローアカデミア15巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法

僕のヒーローアカデミア15巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法です。軽快なパトロール初日かたスタートしますが、なんと!バッタリとオーバーホールに出くわしてしまいます。気になる僕のヒーローアカデミア15巻のあらすじを書きました。ネタバレもありますので注意です。全部無料で読む方法も紹介していきます。出くわしてしまったオーバーホールをなんとか無難にやり過ごしたいところなのですが、妙な正義感に駆られるデクは黙っていられません。

僕のヒーローアカデミア15巻を無料で見る方法を記事に書きました!

気になったらクリック↓↓

⇒僕のヒーローアカデミア15巻を無料で見られる記事を見る

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキが僕のヒーローアカデミア15巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!デクは初日のパトロールで緊張している中、バッタリとオーバーホールに出くわしてしまいます。デクの鼓動が早まる中、回避はできるのでしょうか?

僕のヒーローアカデミア15巻あらすじネタバレ①

僕のヒーローアカデミア15巻のあらすじネタバレを紹介します。

パトロール初日から始まります。

デク「緊張する・・・」
ミリオ「パトロールくらい職場体験でもやってるよね? あ! ヴィラン連合の数撃がトラウマ?」
デク「いえ!諸事情あって 基本活動未経験なんで・・・!」
ミリオ「へえー変わってんね!大丈夫!」「今回実際にホシの敷地周辺を監視するのはサー達で、俺達は周辺区域のパトロール!色々教えるよ」

ミリオはやる気満々です。
ミリオ「ツイテオイデヨー!!」

デク”まずは先輩の仕事を見て、差を思い知れってことかな・・・ にしても・・・ オールマイト、 何故僕に何も言ってくれなかったんだろう・・・”

ミリオ「そういやさ!!ヒーロー名 聞いてなかったよね、お互い!」
デク「デクです」
ミリオ「・・・デク!?木偶!?いいのソレ?」
デク「いいんです」
ミリオ「俺は”るミリオン”!! ”全て(オール)”とまではいかないが、”百万(ミリオン)”を救う人間になれるよう命名した! ”レミオロメン”みたいでかっこいいだろ!」
デク「レミオロメン」
ミリオ「コスチュームを纏って街に出れば、俺達は”ヒーロー”だ! 油断はするなよ デクくん!」
デク「はい!ルミリオン!」

すると、______

僕のヒーローアカデミア15巻あらすじネタバレ②

デクはパトロール初日にして早くもオーバーホールと遭遇してしまいました。いきなりの遭遇にデクは驚きを隠せない様子です。思わず表情に出てしまいました。デクの鼓動は強くなります。

デク”嘘だろ・・・死穢八斎紗會 若頭の治崎という男が”

オーバーホール「うちの娘がすみませんね、ヒーロー遊びでゲガが多いんですよ、困ったものです」

オーバーホールはニコッと笑いながらそう言いました。

そんなデクを見かねたミリオがすかさずケアをしてくれます。
ミリオはデクにマスクを被せながら言いました。

ミリオ「まーたフードとマスク外れちゃってるぜ、サイズ調整ミスってんじゃないのか!?」
デク”遠形先輩、何を言って・・・”
ミリオ「こっちこそすみません!」

デク”・・・!そうか、表情・・・! 嘘だろ が顔に出てた・・・! いけない、お互い何も知らない状況なんだ 怪しまれれば ナイトアイの仕事に支障が出る! 無理に・・・自然にやり過ごさなくては・・・!!”

ミリオ「その素敵なマスクは八斎會の方ですね!ここらじゃ有名ですよね」
オーバーホール「ええ、マスクは気になさらず・・・汚れに敏感でして お2人とも初めて見るヒーローだ、新人ですか?随分お若い」

ミリオ「・・・そうです!まだ新人なんで緊張しちゃって! さ! 立てよ相棒、まだ見ぬ未来に向かおうぜ」

オーバーホール「どこの事務所所属なんです?」
ミリオ「学生ですよ!所属だなんておこがましいくらいのヒヨッ子でして・・・職場体験で色々回らせてもらってるんです」”明らかに警戒してるな サーの名前は出せない、早めにズラかろう!”「では我々、昼までにこの区画を回らないといかんので!行くよ!」

デク「はいっ・・・」

しかし・・・

怯えた様子でデクをぎゅっと掴んで離さない女の子がいます。

娘「いかな・・・いで・・・」
デク「あの・・・娘さん怯えてますけど」

オーバーホール「叱りつけた後なので」

ミリオ”デクくん、余計な勘繰りはよせ!”「行こう」
デク「いやァでも遊び盛りって感じの包帯じゃないですよね・・・”この子が僕を掴んで離さない”」

オーバーホール「よく転ぶんですよ」

デク「こんな小さい子が声も出さず怯えてるって、普通じゃないと思うんですけど”そうだ、自然じゃない”」

オーバーホール「人の家庭に自分の普通を押し付けないで下さいよ」

ミリオ「性格は様々だよね ”やめろ・・・!明らかに詮索を嫌がってる! 警戒が強まれば益々尻シッポを出さなくなる!無難にやり過ごすんだ!!”」

デク”違う、先輩!その方が怪しまれる!不自然だ!”

デクはさっきのミリオのあの言葉を思い返していました。
”コスチュームを纏って街に出れば・・・俺たちはヒーローだ!!”

ミリオとしては、この場を丸く収めてさっさと現場を離れたかったのでしょうが、デクは黙っていられなかったのです。

デク「”ヒーローが怯えた子どもをやり過ごすわけがない” この子に何してるんですか?」
オーバーホール「・・・ふう、全くヒーローは人の機微に敏感ですね わかりました」

デクとミリオ「!!」

オーバーホール「恥ずかしい話です 人目につくし・・・こちらに来てもらえますか」

オーバーホールは路地に入っていきます。

ミリオは小声で言います。
「何かあっても俺が対処する、その子を連れ去るワケにもいかない」

オーバーホール「実は最近、エリについて悩んでいまして・・・何を言っても反抗ばかりで」

デク「”虐待・・・?” 子育て・・・ですか、大変ですね・・・」
オーバーホール「ええ、難解ですよ子どもは 自分が何者かになる・なれると本気で思ってる」

オーバーホールはそう話しながら手袋に手をかけます。それに気づいたエリは・・・デクから離れてオーバーホールの元へ走っていきます。

デク「え・・・!?」
オーバーホール「なんだ・・・もう駄々は済んだのか?」

エリは頷きます。

デク「え、あの・・・えり?ちゃん・・・?」

オーバーホールはペコ・・・と頭を下げて路地の奥に去っていきました。

オーバーホール「いつもこうなんです すみません、悩みまで聞いてもらって ご迷惑おかけしました ではお仕事頑張って」

デク「待って・・・!!なんで・・・」

ミリオは今にも動き出しそうになっているデクを止めます。

ミリオ「追わないよ 気付かなかったかい、殺意を見せつけてあの子を釣り寄せた 深追いすれば余計に捉え辛くなる、サーの指示を仰ごう」

そのとき、雨が降り出しました。

僕のヒーローアカデミア15巻あらすじネタバレ③

_____オーバーホールのアジトにて_____

オーバーホール「最近の若者は一段と病んでるな クロノ風呂の用意しろ」
部下「す・・・すんません若頭!!ちょっと目を離したスキにそのガキが逃走しやがって・・・」

オーバーホールはその部下を薙ぎ払って跡形もなく粉砕して瞬殺します。

オーバーホール「掃除もだ」
クロノ「へい」
オーバーホール「英雄症候群の病人共」

オーバーホールはエリと一緒に実験台の椅子がある部屋へ入っていきます。

オーバーホール「壊理・・・わがままはもうよせよ お前は計画の”核”なんだ 頼むからもう俺の手を汚させないでくれ」

黒い小さい仮面「オーバーホール、電話 ヴィラン連合・死柄木からだ この前の返事を聞かせてやる・・・と」

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキが僕のヒーローアカデミア15巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

僕のヒーローアカデミア15巻あらすじネタバレ④

路地裏からサーとバブルガールがオーバーホールの自宅兼事務所を見張っています。

バブルガール「しっかしまー弱小とは言え、さすが生き残った極道ですね 塀は高くて窓は少なくて・・・用意家に住んでますわ」
サー「マークから1週間半・・・いつもより人の出入りが無い」

その時です、電話がかかって来ました。

バブルガールが電話に出ます。
「え!ミリオン・・・治崎と接触したらしいです・・・!」

2組はここで合流しました。

ミリオ「すみません!事故りました! まさかあんな転校生と四角でバッタリみたいな感じになるとは・・・」

サー「いや、これは私の失態 事前にお前た達を”見て”いれば防げた」
バブルガール「とりあえず無事で良かったよ! 下手に動いて怪しまれたら危なかったかも」
デク「そんな恐ろしい感じには・・・」
サー「先日強盗団が逃走中 人を巻き込むトラック事故を起こした 巻き込まれたのは治崎ら八斎會 だが死者は ”ゼロ”だった」
デク「?」
サー「強盗団の連中は”激痛を感じ気を失った”が 何故か傷一つないどころか持病のリウマチや虫歯など一切キレイに治っていたそうだ 治崎の”個性”だと思われるが、結果的に怪我人ゼロのヴィラン逮捕となった為 特に罪には問われなかった」

バブルガール「でも奪われたお金だけはキレイに燃えてなくなっちゃったんだって 警察は事件性なしって結果を出したけどどうかんえても怪しいってことで、ナイトアイ事務所は本格マークを始めたの 何考えてるか分かんないけど ヤるヤる奴ってこと」

ミリオ「あ、そうだ!サー!!怪我の功名というか・・・新しい情報を得ましたよね!治崎には娘がいます!」
サー「娘・・・?」
デク「エリちゃんと呼ばれていました 手足に包帯を巻かれていました・・・とても怯えていた 何もわからないけど・・・助けを求めてた・・・!どうにか保護してあげられていたら・・・」
サー「傲慢な考えをするんじゃあ無い」

デクはビクッとします。

デク「・・・そんな・・・」
サー「事を急いでは仕損じる 焦って追えば益々逃げられる 救けたい時に救けられる程、貴様は特別じゃない 現在こちらも他事務所とのチームアップを要請中だ まず相手が何をしたいか予測し、分析を重ねた上で万全の準備を整えなければならない 志だけで救蹴られる程、 世の中甘くはない 真に賢しいヴィランは闇に潜む 時間をかけねば ならない時もあると心得ろ 今日のところは2人共事務所へ戻っていろ、バブル行くぞ」

バブルガール「あっ、はい!」
デク「”大きなシコリを残して・・・僕のインターンの初日はあっという間に終わってしまった”」

週が明けた・・・朝

ボロボロになった爆豪と轟が顔に絆創膏を貼って登校して来ます。クラスメイトが仮免講習がスパルタだったみたいだなどど話しています。

峰田「なァ、緑谷ンターン インターンどうだった!?ドスケベエロコス女ヒーローいたかどうか」
デク「んあうん」
芦戸「どんくらい行くのー?私も入れてー」
デク「んあうん」
爆豪「俺より一歩先の話するんじゃねえ」

デクは授業中も心ここにあらずです。インターンでサーとミリオとオールマイトの関係を初めて知ったので心のモヤモヤが募っていました。

相沢「両立できないなら やめさすぞ、緑谷」

デクは”このままじゃよくない!”と職員室へと向かいます。

ミッドナイト「オールマイトならジョギングよ」
デク「ジョギング?」
ミッドナイト「知らなかった?家庭訪問終わってから、何故か始めたの 引退したならゆっくりすればいいのにね」

デク”オールマイト!全部教えてくれオールマイト!”

デクはジョギング中のオールマイトを見つけて、全力疾走で追いかけます。

オールマイト「緑谷少年がきた!ゴホッ 何故私がここにいると!?」
デク「・・・全部知ってたんですか?ナイトアイがワン・フォー・オールを知っていて 通形先輩が後継の候補だったって・・・全部知ってたんですよね・・・?何で言ってくれな買ったんですか」
オールマイト「・・・言う必要・・・あったかな」

デク「あるでしょ!!」「新事ばっかりでなんかよくわかんないまま否定されて!何よりオールマイトの意図がわからなくて!秘密にする意図がわからないからモヤモヤする!何で教えてくれないんですか!!あなたのファンとしてじゃなくて 後継者として全部知りたい」

オールマイト「・・・この話は君の為にならないと思った 本当に聞きたいのか?」
デク「このまま秘密にされるよりはいいです」
オールマイト「後悔するなよ」
デク「・・・はい」

僕のヒーローアカデミア15巻感想と見どころ

僕のヒーローアカデミア15巻の感想と見どころを紹介します。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキが僕のヒーローアカデミア15巻のあらすじネタバレです。今回はオールマイトの秘密に迫ります!!

僕のヒーローアカデミア15巻を無料で読む方法

出だし部分の死穢八斎紗會のオーバーホールとデクがバッタリ出くわしてしまう部分はデクと一緒に読み手もドキドキしましたね。驚いてあたふたしているデクにミリオのフォローも素晴らしかったです。ちなみにこの巻ではミリオのヒーロー名が”ルミリオン”だということが判明しました。さてデクですが、これまでのサー・ナイトアイ事務所がどうやって死穢八斎紗會を追っていたのか把握しきれていないはずなのに、つい自らの正義に従って、少し”爆走”しています。ミリオが何とかその場を丸く収めようとするのですが”正義感スイッチ”が入ってしまったデクを止めるのに手こずりました。そんなこともあり、オーバーホールに路地裏に連れて行かれる羽目になってしまったわけですが、そこで死穢八斎紗會の企てる計画のほんの触りが見えました。エリが鍵となっているようですが、彼女を使って何をしようとしているのか?気になります。

何とか難を逃れた後、ミリオが「事故りました!」と報告する場面がありますが、あれは正に「事故」ですね。あまりにぴったりの表現で思わず納得してしましました。

翌日、デクがオールマイトに”後継者”として全てを知りたいと言います。何故、すがるような思いで伝えたのでしょうか?デクの嫉妬や焦りの感情が入っての言葉が印象的でした。

これまで何も語って来なかったオールマイトが「本当に聞きたいのか? 後悔するなよ」と前置きをして今まで語って来なかった真相を語り始めます。

オールマイトとナイトアイの関係、どこまでもヒーロー像を守り貫いてきたオールマイトの考え方。ナイトアイの今まで外れた事のない”予知”そして、語られた”残酷”な予告。

本当の事を知ってしまったデクは何を思うのか・・・

気になる続きは全部無料で読んでしまいましょう!その方法はこちら↓↓↓

僕のヒーローアカデミア15巻を無料で見る方法を書いた記事があります!!

気になったらクリック↓↓
⇒僕のヒーローアカデミア15巻を無料で見られる記事を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA