ベイビーステップ46巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法

ベイビーステップ46巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法について解説していきます。頭脳明晰、高い身体能力を持つクリシュナとどう戦っていくのか?ベイビーステップ46巻のあらすじとネタバレです。気になる続きを無料で全部読む方法もご紹介しています。苦しいゲーム、栄一郎はどう挽回していくのでしょうか!?

ベイビーステップ46巻を無料で見る方法はこちら!

気になったらクリック↓↓

⇒ベイビーステップ46巻を今すぐ無料で見る

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキがベイビーステップ46巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!栄一郎とクリシュナのゲームが続いています。栄一郎は苦しい展開!!

ベイビーステップ46巻あらすじネタバレ

ベイビーステップ46巻のあらすじネタバレを紹介して行きます。

栄一郎(左利き特有のサーブを意識した守備位置 コート中央まで遠くなる分は急いで戻る)
青井(丸尾は左利きの経験が少ない・・・ まずは充分に対策をして 慣れる事だ)

クリシュナ(センターが 空いてるように見えるから 狙いたくなる・・・)

クリシュナはそう思いながらも、ワイドへサーブします。

栄一郎(それでもこっちに来た・・・)

スライスの利いたサーブはあまり弾みません。
栄一郎(低い・・・)

栄一郎のリターンはネットにかかってしまいます。

30−0

栄一郎(思った方にサーブが来ても、ここまでバウンドが低いと難しくなる・・・ クリシュナのスライスサーブはここまでの武器に進化したのか デュースコートもやや左目に寄った方がいいな・・・)

スパッ

クリシュナは1本目と同様、センターへスライスサーブを打ちました。

栄一郎(また同じスライス・・・)

リターンは再びネットにかかります

40−0

観客達「コースギリギリ すげえいいサーブだな」

栄一郎(クソ・・・今度はいけるかと思ったら 球威を上げて来た 積極的・・・敦士さんの言うと通り、今までのクリシュナじゃない ・・・でクリシュナにリスクを負わせたいと考えれば悪くない)

クリシュナがサーブを打ちます。続いてもワイドに逃げるようなスライスサーブです。

スパッ

審判「フォールト!」

栄一郎(危ない・・・また寄ってる方に打ってきた だけどセカンドサーブになったなら、作戦成功)

クリシュナは栄一郎のポジションを見ました。

栄一郎(あれ・・・トスの位置がさっきよりかなり左・・・)

クリシュナのサーブがセンターの方へ向かいます。

栄一郎(すごい回転のキックサーブだ・・・!!)

栄一郎は手を伸ばしましたが、ラケットの縁に当たって球は後方へ行ってしまいました。

審判「ゲーム、クリシュナ1−0」

観客から歓声が上がります。

栄一郎(今までにない セカンドサーブ・・・ これがあるから強気でファーストサーブを打ってきたのか・・・やっぱりクリシュナは本番だと違う顔を見せる)

_____チェンジコート_____

クリシュナはタオルで汗を拭きながらノートを書いている栄一郎に目をやります。

クリシュナ(テニスノートか・・・あれを初めて見た時は驚いた 僕がいつも頭の中でしている事と同じだったから そんなマルオを皆が認めていた・・・ こんな自己主張の仕方もあるんだと気づかされた・・・ 伝えたい気持ちは行動が伴って初めて伝わる・・・ 自己主張できなくて迷ってた僕が、 思い通りにやろうと決断する力になった)

ベイビーステップ46巻あらすじネタバレ②

_____第2ゲーム_____

栄一郎(こっちも出しは確実にキープ!)

栄一郎はワイドへサーブリターンします。

クリシュナ(いいサーブ・・・でもこれなら)
栄一郎(相変わらずハイレベルなリターン かなりリスクを負わなきゃ サーブだけでのポイントは無理 ここからはどうダウンザライン(強)まで持っていくか・・・)

二人は打ち合います。

クリシュナ(両サイドへの途中半端に浅いボールは ダウンザラインを狙われるからダメ)
栄一郎(武器をどこで使うか・・・命懸けで・・・だけど強引すぎるのもいけない)
クリシュナ(だったら・・・)

クリシュナは速いフォアのスライスを打ってきました。

スパッ

栄一郎(フォアのスライス・・・!?速い!!)

栄一郎はなんとか返すことができました。

栄一郎(クソ・・・先手を取られた)

栄一郎はオープンコートに決められ、先制点を許してしまいました。

0−15

栄一郎(あのショットは頭にあったけど、想像以上のキレ こっちが有利な状況でいきなり使ってくるとは思わなかった)

クリシュナ(ビーチテニスからフォアの速いスライスを取り入れて武器にしたって アツシから聞いたよ 凄い発想だと思って 僕も取り入れさせてもらった そうやって意外な所から テニスで活かせる発想をできるところは本当に尊敬してるんだ)

栄一郎のサーブはセンターへ行きます。クリシュナはリターンしました。

栄一郎(早いうちに武器 ダウンザラインでの攻撃を成功させておきたい・・・でもこうもスライス系で低く狙われると難しい)

二人は打ち合います。

青井(明らかに丸尾のダウンザラインを警戒した組み立てのストローク 丸尾を強敵と認識して、渡邊戦をしっかりチェックしてるのがわかる)

栄一郎(多少キツくても・・・)

その時、クリシュナは何かに気づいた様子です。

栄一郎(いけっ、ダウンザライン(強))

だが、クリシュナはこれに追いついて返してきます。

栄一郎「!」(返された・・・!)

それでも栄一郎はオープンコートに決めます。

15−15

栄一郎(エースを取りに行ったのに・・・ポイントはできたけど 最初に強い武器と認識させる事はできなかった 気付いた時にはすでに対応されてた・・・ クリシュナはボールを見る時間が短くて・・・相手を見る時間が長い 今のタイミングから逆算すれば・・・ダウンザライン(強)の為にいっぽ前に出た瞬間に動き出して立って事か 俺のダウンザライン警戒してたのもあるだろうけど・・・だとしても しっかりとこっちの戦略を 頭に入れて戦うだけじゃなく それと同時に得られる視覚情報を むしろ優先しながら感覚的に対応してる これが・・・強くなったクリシュナ)

ベイビーステップ46巻あらすじネタバレ③

栄一郎はサーブを打ちます。クリシュナはリターンして、ラリーが続いています。

栄一郎(クリシュナは多分、こっち一歩を確認して動いた てことは反応・・・というより対応が早い こうなると簡単に優位は保てない・・・理論的に立てた戦略を視覚、つまり感覚を優先しながら状況に応じて実行・・・ 俺がノートで必死にやってる事を頭だけで正確にできるんだ 早めに何か手を打った方がいい・・・ 一歩前に出ればダウンザラインと思われてるなら・・・ダウンザライン(強)を打つ時の一歩前に足を出した姿勢から・・・)

クリシュナはそれを見て反応します。

栄一郎(逆にクロス!!)

栄一郎が逆をつきましたがクリシュナはそれを、なんとか返します。

栄一郎(ギリギリだけどついてきた・・・ ・・・でもある程度優位になったなら 今のうち・・・前に出て・・・)

クリシュナ「!」

栄一郎(こっちが有利な反応勝負に!)

けれどもクリシュナは前に出ようとする栄一郎に気付いて、フォアでダウンザラインに決めます。

栄一郎(ネットにつく前に・・・反応勝負になる前を狙われた)

15-30

観客達「おお・・・カウンターで逆転!」

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがベイビーステップ46巻あらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!始まった第2ゲームはクリシュナが優勢に!栄一郎はどんなゲームをするのでしょうか!?

クリシュナ「マルオの武器はダウンザラインへの強打と、 距離を詰めての反応勝負・・・それはさせない」

栄一郎の父「昨日上手くいった攻撃がことごとく効きませんね」
青井(よくこれ程の状況判断を 瞬時にできるもんだ どんな顔してやがんだ・・・)
栄一郎(こっちも武器を確立したくて勝負を急いだ もっと優位に立ってから武器を出すべきなんだ だとしたらそこまで どう持っていくか・・・)

クリシュナは栄一郎のサーブをセンターへリターンしました。

栄一郎(早いテンポのストロークで2/64・・・ このテンポのままチェンジオブベースで優位を広げる・・・!)

クリシュナは返します。

クリシュナ(マルオは守備位置を一歩前にする事で 一気に強くなった 反応力と技術的な欠点の無さがこの攻撃力の基礎)

テニスタイムズの記者の宮本が考えます。

宮本(ダークホース同士にしては 相当レベル高いぞ 丸尾君の飛躍的な活躍は大きく取り上げないと! そしてこのラメス・クリシュナ選手・・・彼は紛れも無い本物! 大会前にインタビュー出来てよかった 面白い事を言う選手だったな・・・)

クリシュナがインタビューに答える場面と試合の場面です。

クリシュナ『僕のプレーの基本はまず守備です これは僕が勉強してる経営(ビジネス)の基礎と同じで、 まずはリスクを取り除くことなんです』

クリシュナ(状況は不利・・・武器を出されそうになったら・・・弾まないスライスで耐える)

栄一郎(クソ・・・ここぞとなるとスライスで逃げる こっちの答えが読まれてるみたいだ・・・)

クリシュナ『でもただ守ってるだけでは ビジネスは成り立ちません 事業を発展させる為には攻めも必要 そこには選択と集中が欠かせません』

クリシュナ(僕の1番の得意なショットはフォアのクロス これを一般的に難しい 両手バックハンドの 高くて遠い打点に集中させる)

栄一郎は返します。

栄一郎(スピンが強い・・・)

クリシュナも返します。

栄一郎(ここにきて球威が徐々に増してきた・・・とにかく深く・・・優位だけは譲らない・・・)

クリシュナはクロスに返します。

栄一郎(執拗にバックを狙ってくる・・・これが続くと徐々に優位を失いかねない もう一度優位を確実なものにするために・・・)

栄一郎はダウンザラインを打ったのですが・・・

栄一郎(え・・・)

クリシュナ『そこにもし活路を見出せたら、 スピーディーかつ全力で・・・取りに行きます』

クリシュナはフォアに回り込んでいましたが、逆にクロスを決めます。

クリシュナ『僕のテニスは ビジネスとの両立がすごく大事だと思うんです』

15−40

宮本記者は驚きの表情を隠せません。

栄一郎(やられた・・・!あのフォアをあそこに 集め続けられると厳しい・・・それをされたら立て直さなきゃならなくなる ってとこまで読まれてたのか? 今のを避けつなら バック側に厳しいサーブ)

しかし、ファーストサーブはフォールトです。栄一郎はフー・・・と一息吐きました。

クリシュナ(セカンドサーブ・・・マルオなら・・・)

栄一郎(意表をつかなきゃ せめ込まれる・・・ セカンドサーブをパワーで押す!!)

クリシュナ(やっぱり来た・・・セカンドサーブのパワー押し・・・)

栄一郎がボディー気味に行ったサーブにクリシュナは素早く対応してフォアでリターンします。

栄一郎(しまった・・・パワーをパワーで返された いきなり劣勢・・・切り返すなら深く!)

しかしクリシュナは・・・

栄一郎(え・・・前に来るのか?)

クリシュナは栄一郎の返球をボレーでオープンコートに決めます。

ベイビーステップ46巻あらすじネタバレ④

審判「ゲームクリシュナ 2−0」

観客達「おお・・・!早くもクリシュナがブレイク!」

栄一郎(深くと思った分、ボールが浮くのも読まれてた?)

青井(なんかまるで全部計算づくって動きなんだよな)

栄一郎(だとしたら凄い・・・記憶力のいい頭、さらに的確な判断力と正確な対応力 感覚が鋭くて 理論的思考も優れていて・・・テクニックもあって、パワーにはパワーで対抗できる パフォーマンスのいい身体・・・しかも有利な左利き ほぼ俺の考える完璧なオールラウンダー・・・ こんな理想的な選手をどう倒せばいいかなんて 分からないけど・・・ クリシュナだってまだ世界のトップってわけじゃない・・・ 活路はあるはず 頭が良くて反応が早いなら そこを崩せば・・・だったらどうする・・・)

ベイビーステップ46巻感想と見どころ

ベイビーステップ46巻の感想と見どころを紹介します。

クリシュナの計り知れない頭脳と身体に対峠するための栄一郎に策はあるのでしょうか?どうやって攻略していくかが見どころとなりそうですね、プロテニスと経営を両立させているクリシュナの才能は池クラスとすると、今の栄一郎に勝ち目はないのでしょうか?クリシュナの思惑にハマりっぱなしの栄一郎です。動きも策も全て読まれてしまいます。しかしノートを見て考える栄一郎は、一つ一つの動きから何かに気づきます。決心した栄一郎、挽回への足がかりになるのでしょうか!?

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがベイビーステップ46巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!ゲームが思うように進まない栄一郎。ノートを見て一つ一つクリシュナの動きを分析していきます。ゲームはこの先どんな展開を見せるのでしょうか!!

ベイビーステップ46巻を無料で読む方法

ベイビーステップ46巻を無料で見る方法はこちら!!

気になったらクリック↓↓

⇒ベイビーステップ46巻を今すぐ無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA