ハレ婚3巻のあらすじとネタバレと無料で見る方法

ハレ婚3巻のあらすじとネタバレと無料で見る方法について書きました。ゆずと龍之介の営みの声に耐えられなくなった小春は外に出て、意外なものを見てしまいます。ハレ婚3巻のあらすじとネタバレに注意してくださいね。話の全貌は丸ごと一冊、無料で読める安全サイトがあります。そちらもご紹介しています。少しずつみんなの関係が見えてきました!

ハレ婚3巻を無料で見る方法を記事に書きました!

気になったらクリック↓↓

⇒ハレ婚3巻を無料で見る方法はこちら

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキがハレ婚3巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!ハレ婚家での生活にまだまだ慣れない小春ですが、ふとした事でまどかと龍之介の秘密を知ってしまうのでした。

ハレ婚3巻あらすじネタバレ①

ハレ婚3巻のあらすじネタバレを紹介します。

小春はコーヒーについて技術を高めようと夜、勉強を始めました。すると隣のゆずの部屋から聞こえてくのは龍之介との夜の営みの声と部屋がきしむ音でした。小春は最初は音を無視して勉強をしていたのですが、難しさもあり挫折してしまいます。自分の入れたコーヒーが美味しくて、店に行列ができる妄想をするのもつかの間、隣から聞こえてくる声が恥ずかしすぎて耐えられなくなった小春は家の外へ出ました。小春は気晴らしにハレ婚家の物置や庭を散策します。すると裏小屋からピアノの音がきこえてきました。明かりが見えたので恐る恐る近づいて覗いてみると、そこにはグランドピアノが置かれていました。そして、まどかが涙を流しながら鍵盤を叩いているのでした。ゆずとは対照的なまどかの姿を見た小春は驚きの表情です。

ハレ婚3巻あらすじネタバレ②

小春が覗いているとまどかが気づいて外に出てきました。

まどか「誰にも言わないで」

まどかは小春に今見たことを口止めするのでした。しかし、涙を流していたまどかを見過ごすことができない小春は「それはできない!!」と言って断ります。まどかは「龍之介は私の全て」だといいます。小春は好きな人ができた時の気持ちもわかるのでまどかを励まします。

小春「我慢はよくない、ストレス溜まるだけ」

それでもまどかはほっといてほしいという様子です。ところが小春はほっておくことができません。まどかは自分勝手な小春を指摘して言います。

まどか「何とかした方がいいのはアナタ」
「あなたが一番許せない」

そう言われて小春は落ち込みます。二人は口論となり騒ぎを聞きつけて龍之介が現れます。びっくりした小春は、まどかが泣きながらピアノを弾いていた事を話してしまうのでした。

龍之介は顔をしかめます。まどかは龍之介に謝ります。二人の間に何か約束があったようですが、小春がそれを理解する前に二人は部屋に戻っていくのでした。

翌日、小春はゆずにその事を聞いてみるのでした。そして、龍之介は約束を破ったまどかにお仕置きをします。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがハレ婚3巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!ハレ婚妻としての覚悟が決まらない小春に対してゆずが注意します。負けず嫌いな小春はある行動に出るのですが_____?

ハレ婚3巻あらすじネタバレ③

小春は何故まどかがお仕置きを受けるのかをゆずに聞いています。ゆずは小春に”呪いのピアノ”について説明します。

龍之介はあのピアノを弾くのが嫌でピアノを捨てたかったのですが、まどかが強く反発したのだという。”捨てない代わりに弾かない”という約束だったのですが、まどかはそれを破ってしまったのだと言います。

ゆず「あいつはワザとやった」

ゆずはまどかがワザと約束を破って、龍之介の気をひくように仕向けたと推測しているのでした。

小春はお店で仕事をしていてもピアノの事が気になっていました。その時、友達がやってきて龍之介が何かのコンクールでピアノを弾いている動画を見せてくれました。

龍之介はグランドピアノの上にまどかを拘束して”お仕置き”を楽しんでいました。目隠しをされて半裸のまどかの身体に冷たい氷の滴を垂らしています。

龍之介「なんで弾いたの?」

まどかの小春に対する嫉妬心は龍之介がピアノを弾いていた頃を思い出して落ち着くのだといいます。

ハレ婚3巻あらすじネタバレ④

龍之介が”だてのスケ”という名前で活躍していた作曲家出ある事が判明しました。小春は驚いたのですが、その事を知っていた母は呆れています。

母「普通相手の正体も知らずに結婚するかしら・・・」
小春「あいつまだ何か隠してる」

龍之介はまどかに、もうピアノは弾きたくないと言います。

龍之介「思い出したくもない」
まどか「子供が欲しい」

龍之介は驚きますが、ハレ婚が少子化対策であった事を思い出します。

龍之介「子供ができたら働く(ピアノを弾く)だろう」

龍之介はまどかの魂胆と約束を破った理由が判明したので解放することにしました。

小屋の外に小春がいる事に気付いたまどかは見せつけるように龍之介に抱きつくのでした。

夕食の時

小春「おい、変態作曲家」

小春は話を振りましたが、龍之介は”作曲家”と言われたことにあからさまに表情をしかめるのでした。ゆずは行儀の悪い小春を注意します。

龍之介が話をはぐらかそうとしたので、小春は動画を見せます。

龍之介「それ僕に見せないで」

そう言って豆を投げつけます。まどかもそのことには触れないように小春に注意をするのでした。

まどか「わけあって活動休止中」

ところが家のリフォームについての話になるとまどかは「そんなお金ありません」そう言って龍之介に働くように間接的に促します。龍之介もまどかの気持ちには気付いています。

ゆずは小春を連れて買い出しに行きましたが、小春は荷物を持たされることに愚痴っています。ゆずは言います。

ゆず「普段なんの役にも立たない」
「家事もしない、金もない、だかせてもくれない、口を開けば文句ばっか、そんな嫁我慢できるか?」

ゆずは覚悟が決まらない小春を指摘して、龍之介の立場から小春に説明をします。

小春「絶対無理」

そう言って青ざめる小春です。

ゆず「嫁だって続けるためには努力が必要」

家に帰るとそこら中が雨漏りしていました。

まどか「今こそ真剣に考えるべきです」

龍之介は働くとはいうものの音楽関係は嫌だと言います。そうはいってもまどかは”龍之介さんが一般企業では働くなんて・・・”無理だと察しています。やる気のない龍之介に小春が言いました。

小春「働いたら認めてあげる」

龍之介はほくそ笑んで、さりげなく”ご褒美”の約束をするのでした。

3人の嫁はパソコンで求人情報を調べています。”学歴不問”の求人に翌日行って見ることになりました。リクルートスーツに着替えた龍之介は途中まで小春と一緒に行くことになりました。小春は「面接に遅れたら困る」と龍之介に自転車を貸します。自転車に乗った龍之介は明らかに乗り慣れていませんでした。

小春「アンタ大丈夫?」
龍之介「アンタ・・・か」

寂しそうな表情です。
龍之介は後で店によると言って面接へ出かけて行きました。

店が閉まる時間になっても龍之介が帰ってこないので、小春が家に帰ると途中で田んぼに落っこちてしまい、面接先の会社には「もう来るな」と言われていました。

龍之介は自転車に乗るのも初めてだった様子です。

ハレ婚3巻感想と見どころ

ハレ婚3巻の感想と見どころを紹介します。

仕事ができない3人の嫁を抱える夫、そろそろ資金もなくなりかけてきてこれからどうなって行くのでしょうか?今回は龍之介が作曲家であったという過去が少し明らかになっていましたね。そして、まどかの龍之介への思いも深いものがありました。龍之介の言葉には絶対に従うという、小春とは真逆のキャラクターですね。小春はというとお節介で、身勝手で子供っぽい。それでも龍之介は小春への強い思い入れがあるのでしょう。

龍之介と風呂に入るシーンがありますが、これもかなり身勝手な意見を通していますね。しかし、龍之介もみすみす小春の身勝手に付き合ってばかりいるわけでもなさそうですよ。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがハレ婚3巻のあらすじネタバレ見どころでした。ここから先の気になる続きも安全に丸ごと無料で読む方法があります!

ハレ婚3巻を無料で読む方法

ハレ婚3巻を無料で見る方法を書いた記事があります!!

気になったらクリック↓↓
⇒ハレ婚3巻を無料で見る方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA