素晴らしい!! 麻炭について調べてみました

先日、京都のこうそカフェ 85で豆腐にふりかけてあった麻炭が気になったのでネットで調べてみると麻炭がいかに優秀なアイテムであるかが色々と綴られていました。

麻炭はその名の通り大麻から作られた炭。近年、様々な効果が認められ、医療や美容、環境にも良いとして注目されています。

 

先ず、麻炭の多孔質性は、備長炭のおよそ4倍、孟宗竹の1.6倍あり、粉砕機を使わず手で押しつぶすだけでも、超微粒子のパウダー状になります。したがって、通常の活性炭を作る際のように薬品処理・ガス処理を必要としない。

活性炭には吸着性があるため、漢方などでは腸をきれいにする解毒の薬として使用されている。欧米では、代替医療に活用されているとの事。

日本国内では食用炭としての認可はなく、食品添加物(木材を炭化して得られた物製造用材)として認可されているようです。なので、食べたり飲んだりするのは自己責任でとなっていますが。

しかし、この麻炭効能効果はかなり優れているようです。

麻炭を体内に入れることで体内の化学物質、放射性物質、毒素などを吸着して排出してくれるようです。

デトックス効果が高いので、便秘やダイエットにも効果を発揮し、身体がスッキリ軽くなる。

 

食べても飲んでも良し!

 そのまま食べる→ 小さじ1~大さじ11日に1回。

 お米を炊くときに混ぜる→ 2合に小さじ1程度。

 好きなお茶に混ぜて飲む→ 小さじ1程度。

 その他、手作りのお菓子やパンなどにも

 

野菜や果物の農薬を除去

お水にひとつまみの麻炭を入れて野菜や果物を510分浸けておくと、農薬などの化学物質を吸収してくれます。

お風呂に入れるとお肌がつるつるに

お風呂のお湯に小さじ2杯ほどの麻炭を入れると、遠赤外線効果で身体がポカポカあたたまり疲れが取れます。もともとは神事に使われる大麻なので悪い気も浄化してくれると言われています。

身体の毒素や汚れを吸着してくれるのでお肌もつるつるになる事間違いなし。

注意点としては先ず、蓋のある容器に入れて水を注ぎ、しっかり溶かしてからお風呂に入れると良い。粒子が細かいのでそのまま入れても混ざりにくいようです。

 

お水で溶いてお顔にパック

余分な油や汚れを吸着してくれてさっぱり。

 

歯磨きに混ぜてホワイトニング

塩と混ぜたり、重曹と混ぜたりして使うのが良い。最近薬局などで見かけるホワイトニング歯磨き粉で炭を使ったものがありますが、それに変わる天然のものとして非常に良いと思います。

 

他にも、色々と使えそうな麻炭早速手に入れたくなりますね。調べてみると一般的なネット通販で安価で簡単に手に入るようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA