ハレ婚6巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法

ハレ婚6巻のあらすじとネタバレと無料で読む方法について書きました。ハレ婚家全員でハネムーンへ出かける事になりました。この旅行によっていろんなことが浮き彫りになりました。ハレ婚6巻のあらすじとネタバレです。続きは全て無料で読む方法もご紹介しています。独占欲と嫉妬心に苦しむ小春ですがどんな展開を見せるのでしょうか?

ハレ婚6巻を無料で見る方法はこちら!

気になったらクリック↓↓

⇒ハレ婚6巻を無料で読む方法

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキがハレ婚6巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!伊達家のハネムーンはハワイかと思いきや、ハワイ気分が味わえる大型施設でした!そこで繰り広げられる3人の嫁と1人の夫の物語はいかに!?

ハレ婚6巻あらすじネタバレ①

ハレ婚6巻のあらすじネタバレを紹介します。

ハレ婚4人でのハネームーンはハワイ気分が味わえる大型施設でした。

龍之介は小春をプールに沈めてキスをしようとして遊んでいます。小春は拒んで水面に上がって注意します。

小春「フツーに危ない」

ゆずは二人が仲良くしている姿を見て

ゆず「新妻といえど抜け駆けは厳禁」

すると龍之介は反省しておどけてみせます。ゆずが龍之介の腕をとってウォータースライダーに連れて行きます。

ゆず「遊ぶなら正しい順番がある」

小春は一夫多妻制に慣れていないのかゆずが龍之介と遊んでいるのを見て少し嫉妬してしまいます。そして小春はまどかに愚痴りますが

まどか「こんなことで寂しがっていらた一夫多妻制なんて無理」

そう言われて小春は落ち込みます。そしてまどかは自分はもう慣れたと言います。小春はふと”二人はどうやって龍之介と結婚したんだ?”と疑問に思いました。

小春は仕方なく一人でスライダーに乗る事にしました。一人で無理やり楽しそうにしているのを見たゆずは龍之介に言います。

ゆず「鬱陶しいから後で遊んであげて」

4人でカフェへ行ってヤシの実ジュースを飲む事にしました。ヤシの実にはストローが2本刺さっていて小春は龍之介に誘われるのですが照れて断ってしまいます。ところがまどかと龍之介が一緒に飲んでいるところを見て腹を立てます。ゆずは余裕の表情で小春を煽っています。

4人で小さいプールに入っているのですが小春はやっぱり龍之介と二人になりたいと強く思い、二人になれる方法を懸命に考えます。

ゆずはそんな小春の不機嫌な様子を見て雰囲気を察したのか、まどかの腕をとって「二人っきりにさせてあげよーじゃない」と言って風呂に行きます。

二人になった小春は緊張しますが、やっとデートっぽい事ができて嬉しそうです。二人でお店の小物を見る事にしました。小春は”こーゆーのがしたかった”と思って、龍之介と一緒にヘアゴムを選びます。龍之介も長髪なのでお揃いのものを買いました。小春は嬉しそうにお礼を言います。更に二人の距離が縮んだ気がするのでした。

ゆずとまどかは温泉に入っていました。

ゆず「今日の龍之介はやけに受け身だった」

ゆずは龍之介が小春を意識している事に気付いていました。

ゆず「アンタも我慢してないで思いっきり甘えて見たら」

小春は龍之介のことで一喜一憂する自分に”龍之介のことが好き”と自分で認識するのでした。

ハレ婚6巻あらすじネタバレ②

小春が思い切ってそっと手を握ると龍之介も握り返してくれました。小春は”急に距離を詰めすぎ”と驚きながらも喜んでいます。

龍之介は休憩所に行きたいと言いますが、小春は”なんかされそう”とは思ったのですが、今の自分には問題ないと言う事に気がつきます。龍之介は小春に膝枕を要求しますが、

小春「触んないでよ」

そう言いながらも龍之介を受け入れるのでした。龍之介は疲れたのが小春の膝で経てしまいました。

龍之介と小春が遅れて行くとゆずとまどかは先に食事をしていて、二人は合流しました。ゆずとまどかはすでに酔っています。食事の後にはハワイアンズのディナーショーを見に行く事にしました。

小春「ありがとう今日は連れてきてくれて」

そう言いながら龍之介の方を見るとまどかと龍之介が手を繋いでいました。そして、まどかは酔っていたせいもあって、龍之介の肩に寄りかかって寝ています。小春はそれをみて思わず席を立ってしまいました。

小春「トイレ」

龍之介は小春を追おうとして席を立つとまどかが龍之介の腕をとり

まどか「どこへ行くんですか?」

真顔で引き止めました。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがハレ婚6巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!龍之介がなんとなく小春よりになってきている気がします。特別扱いは確かルール違反だったと思いますが。

ハレ婚6巻あらすじネタバレ③

龍之介は小春のところに行くと言いますが。

まどか「小春の所へ行ったところで何もできません。特別扱いはルール違反です」
龍之介「確かに何もできない」

まどかは龍之介がいくのを止め、そして龍之介もまどかの意見を尊重しました。

まどかはこれから小春が直面する”嫉妬や欲望”と折り合いをつける必要性がある事を説明しました。

ゆず「私たちと違って要領がよくない」

そう言うと龍之介も納得して、まどかもゆずが適任だと言う事で、ゆずは「メンド臭い」と言いつつも小春の元に行く事になりました。

小春はひどく落ち込んでいました。”馬鹿だな、一人で舞い上がって”

ゆず「あんたのせいでショーを最後まで見れなかった」
  「構ってオーラ出しまくり」

逆ギレ気味ではありますが、図星でした。

ゆずは小春の話相手として宿泊部屋へ酒を持ちこ込みます。ゆずは龍之介がお揃いのヘアゴムを買うなんて相当嬉しかったんじゃない?と心境を語りました。

ゆず「ヘアゴムがその証、私やまどかにはそんなことしない」

龍之介は今までお揃いの物を買うような事はなかったようです。そして小春はハレ婚になれるためにはどうしたら良いのか?と聞きます。ゆずは「自分には最初から嫉妬など無いからまどかに聞いた方がいい」と言います。

小春は龍之介とゆずとまどかの過去を知りたがっています。

小春「まどかが来た時どうだった?」
ゆず「まどかが先、あの二人、同棲してたのよ」

小春はゆずが一番最初の嫁だと思っていましたが、まどかが一番だったと知って驚きます。

小春「ゆずが横取りした?」

ゆずが言うには、龍之介とまどかがうまく行っておらず、龍之介が参っていてその様子をゆずは見ていただけだと言います。

ゆず「龍之介ほど誠実な人はいない」
  「嫁が旦那を信じなでどうする」

小春「それができないんだっての」

ゆずの断言に小春は困惑して泣き出します。ゆずは自分は嫉妬をしないのだと言います。

そこへまどかがやって来ました。小春はまどかを見て”どうして今の生活がて耐えられるんだろう”と疑問に思うのでした。

龍之介が小春を探しに行って帰ってこないので小春が迎えにいきます。

龍之介は広く丸いプールで浮かんでいました。小春は”龍之介の事をしりたい、それで信じられるなら”そう思うのでした。

小春はさっき買ってもらったヘヤゴムを外していました。小春は”これのせいで舞い上がって無駄に落ち込んじゃった”そう言います。

龍之介「一緒に泳ごう」

小春は”どうせ怒られるなら楽しめばいいか”と水着ではないけれどもプールに入って龍之介の背中に飛びつきます。

小春「好き」

龍之介は照れ隠しにか小春のお尻を揉みだしました。小春は驚いて背中から落ちるのですが、楽しそうに笑っています。小春は何かが吹っ切れたように龍之介と向き合う決心をしました。

小春「つい意地を張っちゃう、ちょっとずつ知っていこうと思う」

龍之介は誰もいないプールで小春を抱き寄せてキスをします。

二人が部屋に戻ると、ゆずとまどかはかなり酔っていましたが、4人でポーカーをすることになりました。いつのまにか雑魚寝状態です。

翌朝

小春以外は二日酔いや寝冷えで辛そうです。小春は二日酔いで苦しそうなまどかに味噌汁を持って来ました。まどかがお礼を言ったので、他の3人が驚きます。

まどか「それくらい言うわよ」
龍之介「家族という感じになった」

龍之介は嬉しそうです。小春も、それは悪くないと思っていました。

こうして家族の新婚旅行は幕を閉じたのでした。

家に帰って、その日の夜小春が寝ようとすると龍之介が押入れにいました。小春の順番です。

小春「旅行中はカウントされない?」

ゆずの番だと思っていた小春は狼狽します。

龍之介はリハビリの続きをしようと意気込んでいるのでした。そして、龍之介が恨めしそうに見ていると小春は覚悟を決めます。

小春「やるわよ」
龍之介「男を誤解している、みんなが武田みたいじゃない」

龍之介が電気を消して、ランタンの光のみになります。龍之介が体を触ると小春は驚きます。

龍之介「本当に嫌ならすぐにやめる」

龍之介はランタンが消える1時間は身を任せてほしいと言うのでした。

ハレ婚6巻あらすじネタバレ④

龍之介は小春のシャツをたくし上げて胸をあらわにさせます。小春は恥ずかしそうにしています。そして龍之介が小春のパンツに手をかけて脱がそうとしますが、小春は恥ずかしがって嫌がります。

龍之介「今日はここまで」
小春「いいの?」
龍之介「自分は12年間我慢している」

小春が龍之介の事を欲するようになった時にすると言います。
この日の晩は最後まで至りませんでした。

翌朝

ゆずが赤飯を炊いていました。ゆずが楽しそうに小春に話を聞くのですが、話を聞いて呆れています。そしてゆずは龍之介の優しさを指摘します。

ゆず「アンタがちゃんと楽しめるようになってからするつもり」

小春が喫茶店に出勤するとうららはハレ婚家のハネムーンの話を聞いて「楽しそうでよかったですね」と言いました。

小春がお土産を渡していると母親が真剣な表情で小春を呼び出します。小春にも緊張が伝わります。奥の部屋へ行くと父親がベッドにいました。介護用のベッドと車椅子も近くに置いてあります。お父さんが退院して家に戻っていました。小春の家出を知った父親は言いました。

「もう別れろ」

ハレ婚6巻感想と見どころ

ハレ婚6巻の感想と見どころを紹介します。

ハレ婚家の新婚旅行によって家族みんながなんとなく良い雰囲気になって来ましたね。小春の龍之介に対する独占欲や嫉妬心が芽生え、自分の本当の気持ちを徐々に認めていきます。そして龍之介の小春に対する気持ちも本物のようで無邪気さの残る小春に対して落ち着いて対処しています。

そして、小春と同様に龍之介の1番の嫁がゆずだと思っていたのですが、まどかであった事には少し驚きました。この二人の出会いはピアノだったような感じですが、本当のところも気になりますね。

せっかくうまく行き始めた小春のハレ婚ですが、父親には「もう別れろ」と言われてしまいます。父親の本心もこれから語られるのでしょう。

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがハレ婚6巻のあらすじネタバレ見どころでした。ここから先の気になる続きは安全に全部無料で読む方法があります!

ハレ婚6巻を無料で読む方法

ハレ婚6巻を無料で見る方法はこちら!

気になったらクリック↓↓
⇒ハレ婚6巻を無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA