ベジタリアンの人に足りない栄養素ビタミンb12

ベジタリアンになる事で身体の健康上、たくさんの恩恵を受ける事ができます。

野菜不足な生活、すなわちお肉中心の食生活をする事によって不足しがちな食物繊維はもちろんの事、ビタミンC、カリウム、マグネシウム、フィトケミカル等の大切なミネラルや栄養を沢山摂取する事ができるというわけです。

又、生活習慣病の原因となる動物性脂肪を摂取しない事により、健康に良い影響を与えるとされています。

ところが一方でタンパク質やオメガ3脂肪酸、鉄分、亜鉛、カルシウム、ビタミンB12等は極端に不足しがちになる傾向もあります。

タンパク質は、肉、魚を食べない場合は豆類から補う事ができます。必須アミノ酸と共に取れば、体内に吸収されやすくなります。

オメガ3脂肪酸に分類されるEPADHA等も不足しがちで、これらは植物性のリノレン酸を摂る事で防げます。クルミや大豆、キャノーラオイル、フラックスシード等を積極的に摂るようにすれば良いわけです。

植物性の鉄分は吸収されにくいので、味噌や納豆などの発酵食品と共に摂る事で体内に取り入れやすくなるようです。

亜鉛などの栄養素も大豆・豆類やナッツ類・穀物に多く含まれる栄養素です。

乳製品や卵を摂取しないベジタリアンが最も不足がちになるものは、ビタミンB12です。

不足すると様々な弊害があるようなので、サプリメントを活用する事も場合によっては必要になってきます。

 

 

ビタミンb12 欠乏症とはどんなもの?

ビタミンb12 欠乏症とは、赤血球に支障をきたし悪性貧血を起こしてしまう症状名という事です。主な症状として、頭痛、めまい、吐き気、動悸、息切れのほか、手足のしびれや精神的な落ち込みまでさまざまなものがあるようです。

予防策としては、ビタミンb12を多く含む食べ物(魚介類やレバー)を食べることで改善されるようですが、ベジタリアンは口にする事ができません。

私の知人のご主人はインド人の方で、宗教上、生まれた時から肉や魚を全く口にした事がない厳格なベジタリアンです。その為、40歳を超えた頃から深刻なビタミンb12欠乏症と診断され、重い貧血の他に末梢神経・脊髄に障害が出始めて、病院で注射とサプリメントの治療を受けていました。

それにより、症状は改善されてはいるようです。

色々と調べてみた結果、ビタミンb12は植物性のものだと、唯一海苔に多少は含まれていると言われますが、どのくらい吸収されるのかは疑問です。念の為に、サトウキビを発酵させて作ったニュートリショナル・イーストを常備しておくのも良いようです。ニュートリショナル・イーストは黄色いパウダー状のもので色々な料理に混ぜて使うだけの手軽なものです。粉チーズ代わりに、野菜のパスタにかけたりして使ったりでき、自然食のネットショップなどで、簡単に購入できます。

やはり、健康の為にはサプリメントで補給したりしながら、自分に合った方法を見つけ出す事が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA