とっても素晴らしい!! オメガ3脂肪酸

オメガ3の期待できる素晴らしい効果

悪玉コレステロールを下げる

中性脂肪を下げる

アンチエイジング作用がある

脳の発達や骨の発達にも重要

 

オメガ3とは

魚油に含まれているDHAEPA、エゴマや亜麻種子などの植物油に含まれているα-リノレン酸などの脂肪酸の総称の事をいいます。

DHA(Docosahexaenoic Acid=ドコサヘキサエン酸)とは、一言で言えば「私たちの体に必須の脂肪酸(栄養素)」の事。脂肪酸とは、脂質いわゆる「油」を構成するモトになるものです。

EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略称です。いわし・さば・あじなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸のひとつです。

これらの脂肪酸はオメガ3と呼ばれ、健康のために意識して摂るべき必須脂肪酸として、また、一般的に脂肪になりにくいとされダイエットに効果的な栄養素と言われています。

また、血流改善やコレステロール値の低下、アレルギー抑制など幅広い効果が期待されています。

 

脂肪酸は、不飽和結合(二重結合)があるかないかによって①飽和脂肪酸と②不飽和脂肪酸に大別されます。

さらに、不飽和脂肪酸は二重結合の数によって一価不飽和脂肪酸(二重結合が1つ)と多価不飽和脂肪酸(二重結合が2つ以上)に分類されます。

 

①飽和脂肪酸

バターや肉の脂に代表されるため、コレステロールを上昇させます。(同時に善玉(HDL)コレステロールも上昇させます)摂りすぎると動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす可能性があります。過剰摂取に注意する必要があります。

②不飽和脂肪酸

血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節や、アレルギー症状の緩和に働くとされています。また、この不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分けられ、さらに「多価不飽和脂肪酸」には、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸などの種類に細分化されます。

この多価不飽和脂肪酸のうちn-3系脂肪酸(オメガ3)とn-6系脂肪酸(オメガ6)の2系統は人間の体内で作る事ができない「必須脂肪酸」であるため、食品からの摂取が必要です。

オメガ3は、魚(DHAEPA)かαリノレン酸を含む食品から摂取できます。オメガ3脂肪酸を摂取する場合、DHAEPA以外にも、えごま、くるみ、豆類、緑黄色野菜などに含まれる「αリノレン酸」という脂肪酸からも摂取ができます。

αリノレン酸は体内に入ると、DHAEPAに変わってくれます。だたし、体内にはいったαリノレン酸が全てDHAEPAに変わるわけではなく、体内で「酵素」による活性が行われた場合に限り、DHADPAに変わってくれる成分なのです。

オメガ3を多く含む物

・アマニ油

・ナッツ類

・青魚類(サバ・イワシなど)

 

オメガ3は熱に弱く酸化しやすい

オメガ3は、熱によって失われやすいといわれています。そのため、青魚であれば、焼く・揚げるといった熱を加える調理方法よりも、刺身など生で食べるほうが良いとされています。

油から摂取する場合は、ティースプーンで少量を直接飲んだり、サラダにかけるなどして取り入れるのがおすすめです。

酸化しやすいので、オイル類は保存方法に気をつけ、できるだけ早く使い切るようにするなどの工夫が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA