キングダム48巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法

キングダム48巻のネタバレとあらすじと無料で読む方法について書きました。楊端和軍と公孫龍郡が睨みあう中、状況はどう動くのでしょうか?キングダム48巻あらすじですが、ネタバレ注意です。全部無料で読めるサイトをご紹介します!

キングダム48巻が無料でダウンロードできるのは「U-NEXT」です!

気になったらクリック↓↓
⇒キングダム48巻を無料で見る

キングダム48巻を漫画村やzipで見ると危険なの?

電子書籍が見られると書いてあるサイトは多いのですが危険なことが多いので違法ダウンロードはやめておきましよう。

・違法ダウンロードは犯罪×
・zip形式だダウンロードするとウィルス感染の危険性がある×
・クリックすると海外サイトにとんでしまうこともある×
・高額料金が発生する×

キングダム48巻を無料で見られるのはU-NEXT!!

 

 

【U-NEXT】は大手U-SENがが経営する大手サイトです。動画配信サイトとして有名ですが
電子書籍もたくさん見ることができます。

ウィルスの心配がないところも安心ですね。

無料登録は簡単1分で完了です。
もちろん解約も簡単にできてしまいます。

無料登録すると30日間は完全無料でサイトが使えますし、600ポイントがもらえます!
キングダム48巻がポイントで実質無料で見れちゃいます!

 

ここをクリック↓↓↓
⇒キングダム48巻を無料で見る

 

キングダム48巻の他にも人気作品が見られます!

ヒロキ
漫画が大好きな僕管理人ヒロキがキングダム48巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!泰による鄴の兵糧攻めが続いています。楊端和軍と公孫龍郡が睨みあう中、状況はどう動くのでしょうか?

キングダム48巻のネタバレとあらすじ①

キングダム48巻のネタバレとあらすじを紹介します。

「それぞれの知らせは両軍ともほぼ同時に伝わった」

伝令が公孫龍の元へ来ました。

伝令
「ハッ!ハッ!ハッ! りっ、李牧様から伝令ですっ・・・!
”泰軍は難民を鄴に押し込み兵糧戦にでた閼与の軍とこの
撩陽の軍ドリたかで鄴を解放せねばならぬ”と!」

兵士達
「!!」

公孫龍
「・・・やはりそうだったか・・・ならば待ちはここまででまずは目前の山民族軍を撃破せよと」

兵士
「やっと始められますな」

伝令
「い・・いえ! 李牧様は焦らずに慎重に働けと!」

兵士
「!?」

李牧
「”あれは五年前の合従軍戦で蕞を解放した軍勢ですが
圧倒的攻撃力を有しているという以外は多くの謎に包まれています

戦い方にも平地の常識の外にあるかもしれません
数の差の勢いで戦いを始めると大損害を被る危険があります”」

公孫龍
「・・・」

兵士
「・・・くっ! た・・・確かにここまで幾度軽い接触があったが全てこちらが多くやられている・・・!」

伝令
「と、とにかく”大将”の暗いを引き継ぐ舜水樹様が到着するまで待機せよと!」

兵士
「!?大将交代!?何っ!?
しかも・・・副官の舜水樹殿が・・・確かに将軍ではあるが実績はさほど・・・」

公孫龍
”舜水樹・・・あの北の”遺児”か・・・”

伝令
「さ、更に李牧様は・・・!」

兵士
「!?」

李牧
「場合によっては撩陽城に”巣食う主力部隊”も引き込む必要があるかもしれません」

兵士
「!?撩陽城の主力舞台!?」
「”巣食う・・・!?”」

公孫龍
「・・・」

兵士
「ちょっと待て! 数は向こうの五万に対してこっちは九万だぞ・・・!
それなのに・・・それでも苦戦すると李牧様は読んでおられるのか・・・!?
あの蛮族共の群れに・・・!」

公孫龍
「蕞の解放は一瞬の出来事だったときく故に”測りかねて”おられるのだ
あの軍勢の力がどれ程のものなのか・・・

それとも実際は大した事がないのか・・・舜水樹は?」

伝令
「ハ! 精鋭兵一千と共にこちらへ!半日のうちに到着するかと!」

公孫龍
「全軍、布陣を攻撃隊形に変えよ」

兵士
「!ハ!」

公孫龍
「総大将が到着しだい始められるよう準備しておけ」

兵士
「ハハ!!」

______楊端和率いる山の民軍______

楊端和が戦場見つめている所に伝令が報告に来ました。

伝令は山の民に囲まれながら報告します。

伝令
「現在壁将軍率いる一万の軍がこちらへ向かっています!
兵糧もとりあえず十日分が同行してくると・・・!」

楊端和
「おお、それはありがたいな」

楊端和は戦場を見つめながら答えます。

伝令
「とっ、とにかく! 合わせたその六万で相対する撩陽軍九万をここで止めておいてくれと・・・!
王翦将軍の読みでは撩陽城の援軍があれば更に敵はふくれ上がるだろうが・・・
それでも鄴の食料が尽きて陥落するまで

とっ。とにかくなんとかここで数日をかせいで・・・!
撩陽軍を鄴へ向かわせぬようにと・・・!!」

楊端和は黙って戦場を見つめたままです。

伝令はその姿に顔を赤らめます。

楊端和
「相分かった 伝令、ご苦労であった
そなたは壁将軍が到着するまで天幕で休んでいろ」

伝令
「・・・ハッ!ハハ!
ありがとうございます! 何かご用がありましたらいつでもお声かけを!」

楊端和
「分かった・・・」

その直後に楊端和は叫びました。

楊端和
「では始めるぞォ!!」

楊端和の号令に山の民が雄叫びをあげて応えます。

伝令
「!?えっ!えっ!?」

キングダム48巻のネタバレとあらすじ②

 

_____ハジオウとフィゴ族_____

フィゴ族の王が肩に鷹を乗せながら話しかけています。

フィゴ王
「分からぬものだな

あれ程死闘を繰り返して来た貴様らとこのフィゴ族がこうして肩を並べる時が来るとはな
そうは思わぬかハジオウ

女王があんな女でなかったなら貴様らを道連れに全滅するまで戦ったのだがなァ
なァ、カプロ」

フィゴ族の王の肩に乗っている鷹が鳴き声をあげました。

ハジオウ
「どの族長も皆同じ事を言う」

フィゴ王
「それぞれが我の塊のような各族隊長達がなぜ今素直に端和の号令で戦うか知っておるか?
笑えるぞ 端和の腕力が桁違いに強いからだ」

ハジオウ
「?」

フィゴ王
「あれは化物だ 力任せにだき伏せようにも必ず返り討ちにあい斬り刻まれる
故に族長達は皆どこよりも戦果をあげて端和が自分にほれて自ら股を開くのを
夢見てはりきっておるのだ

ハッハッハハ!!

どうだ、ブ男共がそろいもそろってかわいかローが!!

ハッハッハハ!!」

ハジオウ
「・・・フィゴの王よ」

フィゴ王
「んー?」

ハジオウ
「イン族が動き出したぞ」

フィゴ王
「お、始まるぞカプロ 離れておれ
フフ、上空より愚かな人の営みを観て楽しんでおれ、愛鳥よ」

そう言うと、カプロは羽を広げて戦場の上空に旅立ちました。
戦場では素足のまま前進するイン族の姿が見えます。

「趙軍にとって予想外だった事が二つ」

趙兵
「ん?・・・俺達の前の敵動いて来てないか? え?」

イン族が少しずつ前進して来ていましたが趙軍はその様子に中々気がつきませんでした。

趙兵
「・・・」

趙軍はイン族との距離が知らぬうちにだんだんと縮まって、
イン族が地をふむ足音が聞こえ始めた時に初めて気がつきました。

趙兵
「来てるっ! 奴ら近づいて来てるぞ! え? 弓兵っ! 弓兵構えろっ・・・!!」

イン族はその瞬間、一斉に走り出しました。

趙兵「撃てっ!撃てェっ! 来たぞォ! 盾兵!準備しろォ!」

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがキングダム48巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介していきます!

キングダム48巻のネタバレとあらすじ③

 

「一つ目は、趙兵を鄴へ行かさんと守ってくれると思われた楊端和に攻めてきた事である」

_____公孫龍率いる趙軍_____

公孫龍の側近達は山の民軍の行動に驚いています。

側近
「なっ!敵が先に仕掛けて来たぞっ!一部隊・・・いや左にももう一部隊だっ!将軍!将軍!」

公孫龍は冷静です。

公孫龍
「騒ぐな”面白い・・・早速見せてもらおうか山の軍勢の力を”」

戦場では趙兵が放った矢の雨がイン族に降り注いでいます。

ところがイン族は降り注ぐ矢をもろともせずに突き進んで趙軍の盾兵を吹き飛ばします。

趙兵
「ばっ!ぐがァ!! ぐオォ!!」

イン族は斧を持って趙兵の首を飛ばして行きます。

キングダム48巻のネタバレとあらすじ④

 

楊端和のいる山の民の本陣では______

山の民
「イン族・ウン族のダナイ始まりました!」

楊端和
「うん」

伝令は慌てて楊端和の元に駆け寄ります。

伝令
「よっ、楊端和様っ・・・!いきなり何をっ・・・!」

楊端和
「ダナイだ」

伝令
「ダ・・・ダナイ・・・!?」

その頃、戦場では趙軍がイン族にやられていました。

趙兵
「ほぶろっ! ぎうっ! ちょ!と、止めっ・・・! ぶっ! ガハ!
なっ!何だ!こいつらの強さ! ギャアッ!」

公孫龍の側近はこの状況に慌てています。

側近
「まずいぞ!応援を送れ!左右貫かれるぞっ!」

楊端和は______

楊端和「ダナイとは平地の言葉で言う所の・・・ただの助攻だ」

伝令
「あ、あれが・・・だたの助攻!?」

楊端和
「壁を軽く震わせてマナイを送る つまり主攻だ」

フィゴ族やハジオウ達も戦場へと向かって行きます。

趙兵
「・・・っ!来たっ!来たぞ・・・っ!ギャア!ブォア!」

趙兵達は山の民にあっという間にやられていきます。

「二つ目は山の民の持つ破壊力が予想の数倍上を言っていた事である」

公孫龍の側近達は趙兵が山の民にやられていく様子に焦りを隠せないでいます。

側近
「・・・!しっ、将軍!」

山の民
「オオオオオ!!」

公孫龍
”おのれ・・・泰軍め・・・こんな規格外の隠し手を持っていたのか・・・”
「援軍を前にもってこい!急げっ!」

側近
「ハッ!!」

_____進軍している信逹_____


「!」

羌瘤
「・・・・」


「?どうかしましたか信殿」


「ああ・・・空気が変わって来やがった」

「そして一方、信達の軍勢も”決戦の地”に近づきつつあった」

キングダム48巻の感想と見どころ

 

キングダム48巻の感想と見どころを紹介します。

連合軍が列尾を捨てたとの報告に驚きました。自分たちの作戦を無視して王翦の策で動いている事を
知って、一同は更に驚きました。

戦場にいた兵士たちは民間人を追い出そうとしている軍の司令の意図がわからずにいました。
兵士たちは将軍にこんなことをしている場合ではないと講義をするのですが、別の作戦を決行するため
にはこの仕掛けが必要だというのでした。

7つの城を3つの軍で西から順番に攻めています。ところが列尾の敗戦の知らせを受けて
残すは東側のみとなってしまいました。

総大将に任命された王翦と李牧の知略対決です。信は王騎の盾を持ちどれだけの結果を残せるのでしょうか?

ヒロキ
漫画が大好きな管理人ヒロキがキングダム48巻のあらすじネタバレ見どころなどを一気に紹介してきました。ここでご紹介しきれなかったストーリーの続きは無料ダウンロードできるサイトからどうぞ!電子書籍を無料で読むならオススメのこちらのサイトからどうぞ!

キングダム48巻を無料で読む方法

キングダム48巻を無料で見るには?

好きなだけ漫画が読めるサービス

お試し無料の【U-NEXT】がオススメです。

①最初の31日間はタダでコミックが読み放題!
②スマホ・PC・TVでも見れちゃうのでとっても便利!
③登録・解約もとっても簡単!

簡単登録・安心安全の【U-NEXT】公式サイトからどうぞ!

ダウンロードはたったの1分で完了です!

キングダム48巻を無料で見る方法はこちら!

気になったらクリック↓↓

⇒キングダム48巻を無料で見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA